薬師寺克行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

薬師寺 克行(やくしじ かつゆき、1955年 - )は、日本のジャーナリスト、政治学者、東洋大学教授。

岡山県生まれ。1979年東京大学文学部卒、朝日新聞社に入り政治部記者、政治部長論説委員、『論座編集長など。2011年東洋大学社会学部教授[1]

著書[編集]

  • 『外務省 外交力強化への道』岩波新書 2003
  • 『証言民主党政権』講談社 2012
  • 『激論!ナショナリズムと外交 ハト派はどこへ行ったか』講談社 2014
  • 『現代日本政治史 政治改革と政権交代』有斐閣 2014
  • 公明党 創価学会と50年の軌跡』中公新書 2016

共編など[編集]

小沢一郎 政権奪取論』2006
宮澤喜一 保守本流の軌跡』2006
出井伸之 多様性への挑戦』2007
『外交激変 元外務省事務次官柳井俊二』2007
森喜朗 自民党と政権交代』2007
野中広務 権力の興亡』2008
岡本行夫 現場主義を貫いた外交官』朝日新聞出版 2008
菅直人 市民運動から政治闘争へ』2008

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]