薬師寺 (下野市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

薬師寺(やくしじ)または下野薬師寺(しもつけやくしじ)は、現在の栃木県下野市(旧河内郡南河内町)にかつて存在した仏教寺院である。

目次

概説

下野国にあった薬師寺は、六国史中では主に下野薬師寺と記載されている。

中国では敦煌、また朝鮮半島では新羅で見られる薬師信仰は、飛鳥時代までに日本に伝来したと考えられている。日本で薬師信仰が盛んになったのは聖徳太子用明天皇の病気治癒を祈って薬師如来像を造立して以来、天武天皇9年680年11月に天武天皇が皇后の病の治癒を願って大和国薬師寺を建立してからのことである。

「下野」(当時は「下毛野」)の文字が六国史に頻出するようになるのもこの頃からで、大和国の薬師寺建立発願より4年後の天武天皇13年684年11月、日本全国の52氏が天武天皇より朝臣を賜姓され、下野国造家である下毛野君も大三輪君や大野君、上毛野君、中臣連、石川臣や櫻井臣等とともに朝臣姓を賜っている。その数年後以内(持統天皇元年687年3月、同3年689年4月、同4年690年8月)には帰化した新羅人が下毛野国に賦田を受けて居住し始めたと記録されており、直廣肆下毛野古麻呂の名が登場するのも同年4月の条である[1]

下野薬師寺が建立されたのもこの天武天皇から持統天皇の御代と考えられている。『類聚三代格』には「天武天皇所建立地」(嘉祥元年848年11月の太政官府)とあり、『続日本後紀』には「下野国言、薬師寺者天武天皇所建立地也」(嘉祥元年11月己未)とあり、下野市も下野薬師寺は7世紀末に下毛野古麻呂が建てた寺と考えられるとしており[2]、何れにせよ、現在でも薬師寺と名付けられた寺はすべて天皇の意向によって建てられた寺ばかりであることから、下野薬師寺は奈良時代以前に当時の日本の中央政府の権力者が建立した寺と考えられている。

続日本紀』によると、天平勝宝元年7月13日749年9月3日)、全国諸寺墾田地限が定められた折には、奈良法隆寺四天王寺新薬師寺筑紫観世音寺などと並んで五百町とされた。なお、大安寺薬師寺興福寺法華寺國分金光明寺は四千町、元興寺は二千町だった。

奈良時代には、國分金光明寺(奈良)および観世音寺(福岡)とともに、国内の僧侶を統制する天下三戒壇の一つに数えられ、東国の僧侶に戒律を授けて正式な僧侶の資格証明書である度牒を授け、中央戒壇(國分金光明寺戒壇院)と西戒壇(観世音寺戒壇院)に対して東戒壇とも呼ばれた。中央政界で権力をふるった道鏡称徳天皇の死により左遷され、造寺別当(造寺司の長官)となったのも下野薬師寺であった。

平安時代に入ると、比叡山での戒壇設置とともに戒壇の需要は薄れ、次第に衰退していく。それでも日本三代実録によると、874年5月18日貞観16年4月25日)から3日間の間、60名の僧が平安京紫宸殿において大般若経の伝読を行ったが、その金字仁王経71部を五畿七道各国に1部ずつ配布したほか、当寺には大宰府観世音寺および豊前国弥勒寺(宇佐神宮の神宮寺)とならび、各国配布分とは別の1部が配置されており、東国における当寺の位置付けの高さが窺われる。

戦国時代後北条氏結城多賀谷氏による戦渦に巻き込まれて焼失した。

発掘調査で出土した瓦が、大和川原寺系の八葉複弁蓮華文の軒丸瓦と重弧文軒平瓦とであることから、7世紀末の天武朝の創建であると推定されている。また、寺域は東西約250メートル、南北約330メートルである。

伽藍配置とその周辺

昭和40年代発掘調査により、伽藍の中央に金堂、その北東に、北西に戒壇が想定されていたが、近年の再調査や新規の調査によって一塔三金堂の伽藍配置をなすことが判明した。すなわち、伽藍中央に塔、そしてその北に規格の違う東西金堂が確認され、回廊北に中金堂が取り付く配置である。

また、中金堂の北には講堂があり、さらにその北には僧坊があったことが確認されている。さらに、伽藍東には、伽藍内の塔が消失した後にあらためて建てられた塔のあったことを確認した。

一塔三金堂というと飛鳥寺がそうであるが、下野薬師寺跡と飛鳥寺とでは堂塔の配置がことなる。

なお、周辺地名は薬師寺となっており、近くに鎮守として薬師寺八幡宮がある。

史跡指定

1921年大正10年)3月3日、「下野薬師寺跡」(しもつけやくしじあと)として国の史跡に指定された。

略年表

         この頃 塔焼失後に伽藍の外に塔が再建される

現在は回廊の一部が復元されている

所在地

  • 栃木県下野市薬師寺1636

交通アクセス

脚注

関連項目