薬師恵日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

薬師 恵日(くすし の えにち、生没年不詳)は、飛鳥時代官人・医師。高句麗系渡来人・徳来(とこらい)の5世の孫。

経歴[編集]

恵日の五世の祖先である徳来は、元は高句麗人であったがのちに百済に移住[1]。さらに、雄略天皇7年(463年雄略天皇の命令を受けて吉備上道弟君吉備海部赤尾らが、百済に対して今来の才伎(いまきのてひと)[2](工人)を求めた際[3]、徳来は百済から日本に渡来したという[1]

推古天皇16年(608年)第三回遣隋使において、恵日は小野妹子に随行してに渡り医術を修得する[4][5][1]。留学中には、618年の随の滅亡・の建国を経験している。推古天皇31年(623年)ともに医術を学んだ倭漢福因や学問僧の恵斉・恵光らとともに、新羅使・智洗爾に従って日本に帰国する。帰国後、唐に留まっている留学生達はみな学業を成し遂げているため日本に帰国させるべきこと、唐は法式が備わり定まれる立派な国であるため常に往来して交流を持つべきことを建言した[6]

その後、恵日は薬師となり、ついには薬師をとした。舒明天皇2年(630年)第一次遣唐使にて、大使・犬上三田耜に従って再び大陸に渡る(この時の冠位大仁[7]。以前の恵日の建言通り、舒明天皇4年(632年)遣唐使節一行は学問僧の霊雲勝鳥養らを連れて帰国する[8]。なお、この時に帰国しなかった留学生の高向玄理南淵請安は、舒明天皇12年(640年)になって百済・新羅の朝貢使とともに新羅経由で帰国している[9]

孝徳朝白雉5年(654年)第三次遣唐使では副使に任ぜられ、みたび大陸に渡った[10]。なお、この時の冠位は大山下従六位相当)で、以前の大仁(正五位相当)より下位になっていることから、何かの理由で降格された可能性がある[11]

医書として、隋から『病源候論』 、唐から『千金方』 を伝えたとされる[4]。 子孫は難波薬師を氏とした。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『続日本紀』天平宝字2年4月28日条
  2. ^ あるいは、手末(たなすえ)の才伎
  3. ^ 『日本書紀』雄略天皇7年是歳条
  4. ^ a b 『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』
  5. ^ ただし、『日本書紀』推古天皇16年9月5日条に記載される隨行した学生や学問僧計8名の中には、高向玄理南淵請安の名前があり、また倭漢福因は後の記述で一緒に登場するが、恵日の名前は見あたらない。
  6. ^ 『日本書紀』推古天皇31年7月条
  7. ^ 『日本書紀』舒明天皇2年8月5日条
  8. ^ 『日本書紀』舒明天皇4年8月条
  9. ^ 『日本書紀』舒明天皇12年10月11日条
  10. ^ 『日本書紀』白雉5年2月条
  11. ^ 『朝日日本歴史人物事典』

参考文献[編集]