薬師義美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

薬師 義美(やくし よしみ、1936年 - )は日本の地理学者、ヒマラヤ研究家。

来歴[編集]

京都市出身。立命館大学文学部地理学科卒業、同大学院文学研究科修士課程修了。大谷高等学校教諭を経て研究者となる。日本のヒマラヤ研究の第一人者として知られ、チベット山岳関係の著書、翻訳書を数多く手掛けている。

著書『新版ヒマラヤ文献目録』(白水社、1994年)で、第1回ゲスナー賞(銀賞)を受賞。

主な著書・共著・翻訳書[編集]

  • 『中央アジア、とくにヒマラヤにおける日本人の探検と登山小史』
  • 『中部ネパール踏査における2,3の観察』
  • 『ネパールの人口と地域構造について』
  • 『ヒマラヤ名峰辞典』
  • 『チベットの報告(1)、(2)』
  • 『白き聖地・ヒマラヤ』
  • 『マウンテン・ワールド』
  • 『ヒマラヤ文献目録』
  • 『ヒマラヤ 自然・神秘・人間』
  • 『雪の中のチベット トレッキングと探険史』
  • 『ヒドンピーク初登頂 カラコルムの秘宝8068メートル』