薮口康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

薮口 康夫(やぶぐち やすお、1963年4月 - )は、日本法学者青山学院大学法務研究科教授。専攻は、民事訴訟法国際民事訴訟法

学歴[編集]

上智大学法学部卒業、同大学院法学研究科博士後期過程単位取得退学[1]

職歴[編集]

著作[編集]

  • 貸手責任と金融倒産(共著・清文社 1997年)
  • 金融サービス法と貸手責任(共著・一粒社 2000年)
  • 資産流動化の仕組みと実務(共著・新日本法規出版 2002年)
  • Q&A 平成15年改正 民事訴訟法の要点(共著・新日本法規出版 2003年)
  • Q&A改正担保・執行法の徹底解説(共著・中央経済社 2004年)
  • Q&A倒産法改正と民事法の実務(共著・新日本法規出版 2005年)

脚注[編集]

[ヘルプ]