藍房清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藍房清
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
官位 出雲守[1]
氏族 藍氏
テンプレートを表示

藍 房清(あい ふさきよ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将摂津国藍岡山城3代目城主[1]

経歴[編集]

赤松一族の赤松康則が城を築き姓を名乗り2代目加賀守と続くが、房清の代の天正7年(1579年荒木村重に攻められ藍岡山城は落城した[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 阿部猛西村圭子編『戦国人名事典』新人物往来社(1987)