藤井マジック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤井マジック(ふじいマジック)とは、将棋棋士藤井聡太が指した中終盤の妙手や名手のことを指す造語である。羽生マジックと同様に一般の人はもちろん、プロ棋士や将棋ソフトでさえ思いつかないような一手に対して言われる。

概要[編集]

藤井マジックは、羽生マジックと同様に形勢がほぼ互角の時や少し劣勢の時に見られることが多い。解説者も驚くような手を指した時に「藤井マジック」と形容される。藤井マジックを指した場合、大逆転の勝利を収めることがほとんどである。しかし、明確な定義はないため「藤井マジック」といわれる場合の基準は特に存在しない。

実例[編集]

藤井マジックには明確な定義はないが本項では、日本将棋連盟が「藤井マジック」と称したか、多くの棋士が「藤井マジック」と称した対局について解説する。

第43期棋王戦予選 対澤田真吾[1][編集]

本局は藤井が勝利を収め、20連勝を決めた一戦である。

△澤田 持ち駒 歩 銀 角
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲藤井 持ち駒歩5 銀2 金

本図は▲7六桂まで

藤井の▲7六桂が「藤井マジック」と呼ばれる妙手である。これに対し澤田は△同金としたが△7五玉とすれば澤田の勝勢であった。

脚注[編集]

  1. ^ 中学生棋士・藤井聡太四段。デビューから負けなし29連勝の大記録はどのように達成されたか(前編)|将棋コラム|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2020年3月8日閲覧。