藤井勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
藤井 勇
Isamu Fujii Scan10070.JPG
藤井勇のミニブロマイド(1946年から1949年の間?)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県鳥取市
生年月日 1916年10月20日
没年月日 1986年2月7日(満69歳没)
身長
体重
173 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 左翼手一塁手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 大陽ロビンス(1949)
  • 大洋ホエールズ
    洋松ロビンス
    大洋ホエールズ (1950 - 1961)
  • 大毎オリオンズ (1962 - 1963)
  • 大洋ホエールズ (1968 - 1969)
  • 阪神タイガース (1970 - 1973)

藤井 勇(ふじい いさむ、1916年10月20日 - 1986年2月7日)は、鳥取県鳥取市出身の元プロ野球選手外野手)・コーチ監督

1952年から1953年までの登録名は「藤井 秀郎」。

大阪タイガース大洋ホエールズの創立時に選手としてプレーした。日本プロ野球の公式戦において、初めて本塁打を記録した選手として知られる。

来歴・人物[編集]

鳥取一中では、四番打者として甲子園に3度出場し、1934年夏には沢村栄治率いる優勝候補の京都商業を破っている。1935年11月大阪タイガースと入団契約を結び、同年12月10日の球団結成に参加した。翌1936年に現在の日本野球機構の源流となる日本職業野球連盟が発足し、日本のプロ野球リーグ戦が始まった。

最初の公式リーグ戦である1936年春の第一回日本職業野球リーグ戦大阪大会(甲子園大会)では、二番打者として活躍し、5月4日東京セネタース戦では、野口明から左中間を破るランニング本塁打を放った。これは日本プロ野球公式戦第一号本塁打である。この大会で藤井は全5試合に出場して、19打数10安打打率.526を記録し、首位打者最多安打本塁打王となる活躍をみせた。大阪大会以降も同年春および夏のシーズンは全試合に出場し、春は打率.351、夏は打率.385という好成績を収めた。同年秋のシーズンには、初めて優勝チームを決めることとなり、不動の二番打者であった藤井は大阪タイガースの優勝決定戦進出に大きく貢献した。優勝決定戦では東京巨人軍と対戦したが、沢村栄治の豪速球に押さえ込まれて優勝を逃した。このシーズン、藤井は安打、得点塁打などでリーグ最多となっている。1937年春のシーズンにも2シーズン連続の最多得点となる49得点をあげ、これは2シーズン制における日本記録になっている。同年秋には、初優勝を果たしたチームでクリーンナップを打ち、打点王中島治康に1打点差となる36打点を挙げた。さらに、春のシーズンに優勝した東京巨人軍との間で行われた年度優勝決定戦では、第一戦で本塁打を放つなど山口政信景浦將らとともに沢村を打ち、年度優勝を飾った。この年の公式戦は全試合に出場している。翌1938年春のシーズン優勝、同年の年度優勝にも中心選手として貢献した。このころの大阪タイガース打線は、トップバッターの松木謙治郎にはじまり、山口政信、景浦將、藤井勇のクリーンナップ、強打の捕手田中義雄らをそろえていた。1939年に軍に召集され、1942年に除隊され一時チームに復帰したものの、1943年に再び召集された。1945年末に戦地から帰還し、朝日軍1946年パシフィック→1947年太陽ロビンス→1948年大陽ロビンスにそれぞれ改称)と契約したが、大阪タイガースとの2重契約の可能性があるとして、出場停止となる。しかし、出場停止中の1946年5月に公式戦に出場したため、その期間に藤井が出場した4試合を放棄試合として没収された。

1950年、新球団の大洋ホエールズに移籍し、数少ないベテラン選手として四番打者に抜擢されると、全140試合に出場し、34本塁打、122打点、177安打と自己最高の成績を残した(122打点は1999年ロバート・ローズに破られるまで半世紀の間、横浜球団記録であった)。その後も、1951年8月5日広島カープ戦で1試合4二塁打の日本記録を樹立するなど、1958年まで選手としてチームを支えた。その間、1952年に登録名を「秀郎」に変更したが、1954年には「勇」に戻している。

1955年は兼任監督に就任したが、自身が常時出場できないことなどによる戦力不足は深刻であり、31勝99敗と最多敗戦・最低勝率のセントラル・リーグ記録を残して同年限りで辞任した。1958年を最後に現役引退し、翌1959年から1961年まで大洋の一軍打撃コーチを務め、桑田武近藤昭仁を育てた。1960年のリーグ優勝と日本一に貢献。1963年には大毎オリオンズの一軍打撃コーチを務めた。1968年から大洋の二軍監督に就任し、同年のイースタン・リーグ初優勝を飾る。米田慶三郎福嶋久らを育てた。1969年限りで辞任。1970年からは阪神に復帰し、ヘッドコーチ(1970年 - 1971年, 1973年)・一軍打撃コーチ(1972年)を務めた。田淵幸一をはじめとする若手打者を指導したが、1973年に病気を理由に退団。その後は運動用品メーカー勤務の傍ら、田淵のアドバイザーとして活躍。1986年に死去。

大阪タイガース、大陽ロビンスでの1リーグ時代は、ミート技術の高さを生かして度々左方向への巧打をみせた。一方で、大洋ホエールズへの移籍後は、飛ぶボールが導入されたこともあり、本塁打を量産した。途中戦争でプレーできなかった時期を除いても、実働期間は17年21シーズンにも及ぶ。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936春夏 大阪
阪神
15 78 63 11 23 4 0 1 30 5 0 -- 3 -- 10 -- 1 4 -- .365 .459 .476 .936
1936 30 143 125 30 40 4 3 0 50 14 9 -- 0 -- 17 -- 1 13 -- .320 .406 .400 .806
1937 56 263 219 49 56 12 5 0 78 31 6 -- 2 -- 41 -- 1 25 -- .256 .375 .356 .732
1937 49 218 187 29 56 7 3 1 72 36 3 -- 2 -- 28 -- 1 12 -- .299 .394 .385 .779
1938 32 103 86 18 25 5 0 0 30 11 3 -- 0 -- 17 -- 0 9 -- .291 .408 .349 .757
1938 29 89 80 4 16 4 0 0 20 6 0 -- 3 -- 6 -- 0 4 -- .200 .256 .250 .506
1942 69 302 269 21 68 7 5 2 91 25 5 5 0 -- 32 -- 1 11 -- .253 .334 .338 .673
1946 パシフィック
太陽
大陽
78 341 311 35 89 15 2 4 120 35 1 0 0 -- 29 -- 1 18 -- .286 .349 .386 .735
1947 119 512 474 38 122 24 7 5 175 43 6 7 1 -- 36 -- 1 29 -- .257 .311 .369 .680
1948 128 509 481 39 107 15 2 4 138 54 10 4 1 -- 27 -- 0 33 -- .222 .264 .287 .551
1949 97 418 392 53 111 19 3 16 184 77 3 0 0 -- 24 -- 2 33 -- .283 .328 .469 .797
1950 大洋
洋松
大洋
140 612 541 104 177 36 4 34 323 122 4 1 0 -- 68 -- 3 46 5 .327 .405 .597 1.002
1951 98 413 392 53 100 24 2 15 173 59 5 0 0 -- 19 -- 2 41 7 .255 .293 .441 .734
1952 107 475 440 75 126 24 7 14 206 69 10 2 1 -- 32 -- 2 42 5 .286 .338 .468 .806
1953 112 443 412 51 123 18 4 15 194 57 3 0 0 -- 29 -- 2 27 5 .299 .348 .471 .819
1954 112 433 397 37 105 16 3 15 172 55 2 1 0 5 28 -- 3 41 8 .264 .318 .433 .751
1955 62 140 127 10 36 5 1 4 55 18 0 0 0 0 12 4 1 20 3 .283 .350 .433 .783
1956 101 322 299 25 79 8 1 13 128 34 0 2 0 2 20 8 1 45 7 .264 .313 .428 .741
1957 41 77 73 6 20 7 0 2 33 12 0 0 0 0 3 1 1 9 2 .274 .312 .452 .764
1958 12 19 19 1 3 0 0 1 6 1 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .158 .158 .316 .474
通算:17年 1487 5910 5387 689 1482 254 52 146 2278 764 70 22 13 7 478 13 24 466 42 .275 .337 .423 .760
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大阪(大阪タイガース)は、1940年途中に阪神(阪神軍)に球団名を変更
  • パシフィックは、1947年に太陽(太陽ロビンス)に、1948年に大陽(大陽ロビンス)に球団名を変更
  • 大洋(大洋ホエールズ)は、1953年に洋松(大洋松竹ロビンス)に、1956年に大洋(大洋ホエールズ)に球団名を変更

年度別監督成績[編集]

年度 年度 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム本塁打 チーム打率 チーム防御率 年齢 球団
1955年 昭和30年 6位 130 31 99 0 .238 61.5 51 .209 3.69 39歳 大洋

タイトル[編集]

  • 最多安打(当時連盟表彰なし):1回 (1936年秋) ※1994年より表彰

記録[編集]

  • 通算1000試合出場:1952年6月24日(10人目)
  • 初本塁打:1936年5月4日、対東京セネターズ戦(甲子園)。野口明からランニング本塁打。日本プロ野球第1号本塁打[1]

背番号[編集]

  • 11(1936年春 - 1942年、1947年 - 1949年)
  • 15(1946年)
  • 3(1950年 - 1954年)
  • 30(1955年)
  • 1(1956年 - 1958年)
  • 71(1970年 - 1973年)

登録名[編集]

  • 藤井 勇 (ふじい いさむ、1936年 - 1951年、1954年 - 1973年)
  • 藤井 秀郎 (ふじい ひでお、1952年 - 1953年)

脚注[編集]

  1. ^ ベースボール・マガジン社刊「阪神タイガース70年史猛虎伝説」25ページ

関連項目[編集]