藤井友里子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
ボッチャ
パラリンピック
2016 リオデジャネイロ 混合団体 BC1-2

藤井 友里子(ふじい ゆりこ、1972年12月1日[1] - )は日本ボッチャ選手。富山ボッチャクラブ所属[2]。旧名柴山 友里子(しばやま ゆりこ)。

経歴[編集]

富山県魚津市出身[1]。生後間もない頃に患った脳性麻痺で手足に重度の障がいを抱え、歩行困難になる。以前は家に閉じこもりがちだったが、2000年に障害者スポーツ交流会でボッチャを知ってからは「自分でもできるスポーツがあった」とのめり込むようになり、富山ボッチャクラブに加入した[3][4]

2002年の第4回日本ボッチャ選手権大会にBC2クラスで初参戦(結果は8位)、翌年2003年の第5回日本ボッチャ選手権大会で初優勝。2005年の途中からBC1に転向し、同年の第7回日本ボッチャ選手権大会で同クラス初優勝。その後、2008年2010年2011年の日本ボッチャ選手権大会でも優勝した[2]

国際大会では2011年のボッチャワールドカップ 2011の団体戦で準優勝[2][4]2012年ロンドンパラリンピックでは団体戦で1次リーグを2連勝で突破し、準々決勝で敗退[5]。団体戦としては同競技初の7位入賞となり[6][注釈 1]、大会後厚生労働大臣表彰を受賞[7](個人戦では2回戦敗退[6])。

2013年結婚。同年12月の第15回日本ボッチャ選手権大会で2大会ぶりの優勝。2015年2月の第16回大会、同年12月の第17回大会も制し、3連覇を果たした[8][9]

ロンドンパラリンピック後は出場を果たせた満足感から国際大会から遠ざかっていたが、2020年の東京パラリンピックの開催が決まった事で「もう一度世界を目指したい」と思うようになり、周囲の後押しもあり2015年に代表に復帰[10]2016年リオデジャネイロパラリンピックではBC2との混合団体と個人戦に出場。団体では準決勝でポルトガルを破り、メダルが確定[10]。決勝でタイに敗れたものの、銀メダルに輝き、チームメイトの廣瀬隆喜杉村英孝木谷隆行と共にボッチャ日本代表として初めてのメダルを獲得した[11](個人戦は3連敗で1次リーグ敗退[12])。

パラリンピック後の2016年11月26日、27日の第18回日本ボッチャ選手権を制し、4連覇達成[13]。しかし、翌2017年の第19回日本ボッチャ選手権では予選落ちした[14]

主な戦績[編集]

詳細はBOCCIA FAN参照。

  • 日本ボッチャ選手権大会 優勝9回(第5回[注釈 2]、第7回、第10回、第12回、第13回、第15回、第16回、第17回、第18回)。
  • BOCCIA JAPAN CUP 優勝3回(2007年、2010年、2012年)。
  • Boccia World Cup 2011 団体準優勝。
  • ロンドンパラリンピック 団体7位。
  • 北陸ボッチャオープン大会 優勝5回(第1回、第2回、第3回、第4回、第6回)。
  • リオデジャネイロパラリンピック 準優勝(混合団体 BC1-2)。

人物[編集]

  • 平日は日本年金機構の魚津年金事務所にフルタイムで勤務しており、練習は主に週末。ロンドンパラリンピックの時は月1回、東京で日本代表の練習に参加していた[3]

注釈[編集]

  1. ^ 個人戦では北京パラリンピックでの内田恵三(BC2)の5位入賞がある。
  2. ^ BC2クラスでの優勝。

脚注[編集]

  1. ^ a b ロンドン2012パラリンピック競技大会 日本代表選手団 選手名鑑(pdf) 日本障害者スポーツ協会 2016年2月29日閲覧。
  2. ^ a b c 藤井友里子選手 BOCCIA FAN 2016年2月29日閲覧。
  3. ^ a b 「パラリンピック「ボッチャ」 金 柴山さん照準ピタリ=富山」.『読売新聞(富山)』.2012年6月3日付朝刊、27面。
  4. ^ a b 「ロンドン・パラリンピック:ボッチャ代表内定、魚津の柴山さん練習を公開 「メダル獲得を」 /富山」.『毎日新聞(富山)』.2012年6月5日付朝刊、25面。
  5. ^ 「「楽しくプレー」ボッチャ・柴山選手が報告 ロンドン・パラリンピック出場 /富山県」.『朝日新聞(富山)』.2012年9月14日付朝刊、35面。
  6. ^ a b 「ロンドン・パラリンピック:ボッチャ 「笑顔で試合」声援に感謝 初出場の柴山選手、魚津市長に結果報告 /富山」.『毎日新聞(富山)』.2012年9月15日付朝刊、27面。
  7. ^ 「パラリンピック・ロンドン大会成績優秀者厚生労働大臣表彰=富山」.『読売新聞(富山)』.2012年12月6日付朝刊、32面。
  8. ^ 日本ボッチャ選手権大会 BOCCIA FAN 2016年2月29日閲覧。
  9. ^ Road to Rio vol.64 ボールの配置から"頭脳戦"がわかる...神聖さを感じた「ボッチャ」というスポーツ。 ハートネット(NHK福祉ポータル). (2016年1月15日) 2016年2月29日閲覧。
  10. ^ a b 「リオ・パラリンピック 天国の父へ メダル贈る ボッチャ」.『読売新聞』.2016年9月12日付夕刊、13面。
  11. ^ 「リオ・パラリンピック ボッチャ 初の「銀」普及後押し」.『読売新聞』.2016年9月14日付朝刊、26面。
  12. ^ 「リオ・パラリンピック ボッチャ藤井 敗退 中国選手に敗れる=富山」.『読売新聞(富山)』.2016年9月16日付朝刊、25面。
  13. ^ 【ボッチャ】第18回日本ボッチャ選手権大会本大会 注目の火ノ玉JAPANの2大エース対決を制し、廣瀬隆喜がBC2王座を奪還! 日本財団パラリンピックサポートセンター. (2016年12月9日) 2017年11月17日閲覧。
  14. ^ 2017 19th Japan Boccia Championships in OSAKA(pdf) 日本ボッチャ協会 2017年11月17日閲覧。