藤井啓一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
藤井啓一

藤井 啓一[1](ふじい けいいち、1868年1月7日慶応3年12月13日[2] - 1953年昭和28年)6月18日[3])は、日本の衆議院議員立憲政友会立憲民政党)、弁護士[2]

経歴[編集]

山口県厚狭郡厚東村(現在の宇部市)出身[1][4]。藤井仁介の長男[2]。初等学を寺子屋に学び、のち漢学を修める[1]

1890年明治23年)、東京法学院(現在の中央大学)を卒業[2]法学博士江木衷の門下生となり、薫陶を受け、弁護士試験に合格[2]。その後、下関市に事務所を開いた。山口県弁護士会会長、山口県会議員、下関商業会議所特別議員などに選ばれた[2][4]

1920年大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第16回第18回でも当選を果たした。

その他、朝鮮勧農、長州鉄道取締役なども務めた[2][4]

人物[編集]

住所は下関市上田中町[2]

家族・親族[編集]

藤井家
  • 父・仁介[2]
  • 妻・コチヘ1881年 - ?、山口、林善勝の二女)[2]
  • 長男・五一郎[2](大審院判事、公安調査庁長官)
    • 同妻・文子1899年 - ?、山口、竹内升蔵の女)[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『関門若倉精華 第1編』75頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年1月16閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『人事興信録 第10版 下』フ44頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年1月6日閲覧。
  3. ^ 『昭和物故人名録』
  4. ^ a b c 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 磯野菊右エ門『関門若倉精華 第1編』改進社、1923年。
  • 『衆議院要覧(乙)昭和七年五月』衆議院事務局、1932年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版 下』人事興信所、1934年。
  • 『昭和物故人名録』日外アソシエーツ、1983年。