藤井啓之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤井 啓之助(ふじい けいのすけ、明治21年(1888年3月 - 昭和34年(1959年3月15日[1])は、日本外交官

経歴[編集]

群馬県群馬郡生まれ[1]東京帝国大学法科大学政治学科卒業[1][2]

大正2年(1913年)10月外交官及領事官試験に合格、翌3年(1914年)から領事官補として長春ホノルルサンフランシスコに勤務、大正5年(1918年)から7年(1920年)のワシントン勤務を経て廈門領事に任命される。大正11年(1924年)に電信・文書・翻訳課長、昭和2年(1926年)に人事課長も兼ね、昭和5年(1930年)に在英日本大使館へ勤務することになりイギリスへ移った[2]

翌6年(1931年)にドイツハンブルク総領事に転任、昭和7年(1932年)から翌8年(1933年)まで在独日本大使館で臨時代理公使を務め、その後ワシントン、ロンドンに駐在した[3]。昭和12年(1937年)から昭和14年(1939年)まで在チェコスロバキア公使を務め昭和15年(1940年)に退職、昭和34年(1959年)に死去[2]

栄典[編集]

家族[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 松本剛明系図”. yumekandou.com. 2013年8月12日閲覧。
  2. ^ a b c 片桐、P887。
  3. ^ Hugh Byas, "JAPANESE CONCEDE BIG BRITISH FLEET; But Are Not Ready to Grant Superiority to U.S. as They Reply to Navy Parley Bid" New York Times, October 16, 1935 [1]
  4. ^ 『官報』第4038号「叙任及辞令」1926年2月12日。
  5. ^ a b c d e f g 人事興信録、フ42。

関連文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下巻』人事興信所、1943年。
  • Heinz Eberhard Maul, Japan und die Juden: Studie über die Judenpolitik des Kaiserreiches Japan während der Zeit des Nationalsozialismus 1933 - 1945 (Dissrtation submitted to Rheinischen Friedrich-Wilhelms University in Bonn, mentioning Fujii) [2]
  • 片桐庸夫「藤井啓之助」『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年。