藤井徳昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤井 徳昭(ふじい のりあき、? - 元禄7年11月23日1695年1月8日))は、水戸藩家老

概略[編集]

旗本・荒尾久成の四男で、水戸徳川家に仕える親戚の老女藤井の養子となる。兄に旗本荒尾久次、荒尾成継。伯父に鳥取藩家老の荒尾成利荒尾嵩就和田三正通称藤井紋太夫(ふじい もんだゆう)の呼び名で知られる。

水戸徳川家に仕える老女藤井の養子となり、2代藩主・徳川光圀に小姓として仕える。光圀に重用され、延宝6年(1678年)に小姓頭、天和元年(1681年)に中老、貞享4年(1687年)に大番頭と累進する。光圀の隠居後も、3代藩主・綱條に引き続き仕えて、元禄6年(1694年)には禄高800石の大老となる。元禄7年11月23日(1695年1月8日)、小石川水戸藩邸で行われた会において、前藩主・光圀に刺殺される。戒名は光含院孤峯心了居士。墓所は小石川傳通院

光圀が刺殺した理由は、講談小説時代劇等では徳昭(紋太夫)が、光圀失脚を画策する柳沢吉保に内通したためなどとされることが多いが、真相は不明である。

松田家の伝書[編集]

十四世・喜多六平太に芸を仕込んだ松田亀太郎は、水戸家に抱えられていた能役者の家柄だった。松田家に伝わる藤井紋太夫が誅殺された場面の記録を六平太は憶えていて、談話にしている。それによると当日の能の演目は「鍾馗」の半能(一曲の後場だけを演ずること)で、徳川光圀は面をかけないで演ずることにしたという[1]。鏡の間で出番を待つ間に、光圀は人払いをして藤井紋太夫を呼び出し、自分が「鍾馗」を演ずる気持ちや、鍾馗というのは古の忠臣烈士であることをこんこんと教え、出番の知らせを受けると同時に立ち上がって平伏していた紋太夫の首を打ち落とし、「おう鬼神に横道なしといふに、なんぞみだんに騒がしく、帝都に乱れ天子を悩まし」と謡いながら舞台に出ていったという[2]

この貴重な文献は、行方不明になってしまった[3]

演じた俳優[編集]

参考文献[編集]

  • 鈴木暎一著 人物叢書「徳川光圀」

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 喜多六平太 『六平太芸談(市民文庫)』 河出書房、1952年、80p。
  2. ^ 喜多六平太 『六平太芸談(市民文庫)』 河出書房、1952年、81p。
  3. ^ 土岐善麿・編 『六平太芸談(市民文庫)』 河出書房、1952年、82p。