藤井深造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

藤井 深造(ふじい しんぞう、1893年12月13日 - 1970年9月8日)は大正~昭和期の実業家。新生三菱重工業初代社長。 広島県三次郡庄原(現庄原市)出身。

来歴[編集]

旧制三次中学(現三次高校)から第一高等学校を経て1918年東京帝国大学法学部卒業。三菱合資長崎造船所に入社。営業畑を歩み常務を経て戦後1950年過度経済力集中排除法により、同社が地域別に三分割されたうちの中日本重工業社長に就任。三社の中で最も赤字が多く、貧乏くじを引いたと言われたが、朝鮮戦争の特需などにより三社のトップに業績を引き上げた。1959年、一旦会長に退いたが、吉田義人社長の病死で再び社長に再登板。続いて日本の開放経済への移行に備えて企業体質の強化を図り1964年、三菱系3重工の合併を実現させ新生三菱重工業初代社長に就任した。翌年会長に退き1959年相談役となった。

造船航空機産業機械原動機など、戦後の日本の重工業の復興と発展、輸出の推進に指導的役割を果たした。その功績により1959年藍綬褒章1970年勲一等瑞宝章を受章している。