藤井玄淵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤井 玄淵
(ふじい げんえん)
生誕 生年不明
日本の旗 日本
久保田藩仙北郡六郷東根
死没 文政10年12月13日(1827年。西暦1828年1月29日
日本の旗 日本
居住 仙北郡大曲村、江戸下谷佐竹原
研究分野 漢方医
プロジェクト:人物伝

藤井 玄淵(ふじい げんえん、生年不詳 - 文政10年12月13日(1827年。西暦1828年1月29日)は、日本の医師出羽国久保田藩藩医[1]龍角散の創始者[1]

略歴・人物[編集]

佐竹氏を藩主とする出羽国久保田藩藩医で、仙北郡六郷東根村(現美郷町六郷大町)に住み、この地で薬草を育てていたと言われている[1]。子の玄信(藤井玄信[注釈 1])は藩命で長崎に趣き、蘭学を学んだことから、その知識を漢方薬に取り入れ、文政年間に龍角散の原型となる薬を改良したと伝えられる[1]。仙北郡大曲村(現・大仙市)にも長くおり、のちに江戸に出て久保田藩上屋敷のある下谷の佐竹原(現在の台東区上野)に居を構え、当時の将軍にもこの薬を献上している[1]。玄淵と玄信親子のは、大曲に所在する浄土真宗大谷派の寺院安養寺にある[1]

  • 第56回RSP in 品川「龍角散ダイレクト」の魅力によると、龍角散を作った年は1797年とされ、玄淵ではなく、玄信の方だと社長である隆太氏が説明をしている。

親族[編集]

子孫の藤井正亭治(文政8年1月9日1825年2月26日) - 明治26年(1893年8月8日は長崎でオランダ医学(蘭学)を学び、藩主佐竹義堯喘息治療のため龍角散の改良に取り組んだ名医として知られ、明治維新後には東京神田に漢方薬の店を構えたといわれる[1][2]。そして得三郎(初代)、得三郎(二代)、得三郎(三代)、康男、隆太と続いている[2]

遠縁[編集]

日立製作所のExecutive Foresight Onlineの藤井隆太社長のインタビューによると、小林製薬の創業家は、藤井家の遠縁にあたるという。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 玄信は弘化元年(天保15年)7月22日(西暦1844年9月4日)に死去、享年48歳と記録されている。『秋田人名大事典・第二版』(2000)p.486

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]