藤井章司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

藤井 章司(ふじい しょうじ、1954年4月7日 - 2009年2月6日)は、日本のミュージシャン。ドラマー。

人物[編集]

  • 1973年SMOKY MEDICINEを結成する。翌年の1974年に解散。
  • 1979年、土屋昌巳見岳章平田謙吾(平田はデビュー後に脱退し、赤尾敬文に交代、のちに赤尾も脱退し、1981年からは3人組となる。)とともにロックバンド一風堂を結成。ドラム、パーカッションを担当する。
  • 1982年、シングル『すみれ September Love』がヒットするが、同年発売の「アイ・ニード・ユー」を最後に一風堂から脱退。
  • 1984年プログレッシブ・ロック・バンドナスカ」に2代目ドラマーとして加入し、アルバム2枚に参加。
  • その後、セッションドラマーとしての活動やライブハウスなどで活動を続け、1986年には福永恵規のアルバムにも参加。
  • 1991年、山羊智詞&赤羽楽団に参加。2007年には当時エレックレコードに在籍していた他グループのメンバー達とグループ「the ELECTRIXs」を結成。メンバーは佐藤龍一(VO元竜とかおる)杉山TOM智一(EG元ベル、つのだひろ&ジャップスギャップス)牧田和男(BASS元四季、海援隊)、藤井(DR)の四人編成。
  • 2002年2008年にはSMOKY MEDICINEの再結成ライブにも参加(2002年のライブはキーボードの佐藤準が不参加だったため“スモーキー・メディスソ”名義)。
  • シンガーソングライター鈴木祥子が高校時代に藤井に師事し、ドラム演奏を学んでいる(鈴木のデビューアルバム「VIRIDIAN」では2曲に藤井が参加、師弟共演が実現している)。
  • 2009年2月6日に急性心筋梗塞のため死去した。54歳没。戒名は「天鼓章奏信士」。喪主は母が務めた。かつて一風堂でメンバー兼リーダーとして活躍した土屋昌巳は、「M's Reflexion」にて追悼のコメントを寄せている。(M's Reflexionより)

土屋昌巳のコメント、一風堂時代作品などの掲載頁。