藤井輝明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤井 輝明(ふじい てるあき、1957年昭和32年) - )は、日本医学者医学博士

略歴[編集]

人物[編集]

  • 2歳の頃、顔の右半分に異常(海綿状血管腫)が現れ、現在も紫色の大きなコブがある。
  • 大学卒業後、その特異な容貌からなかなか就職先が決まらず、人事担当者から直接「バケモノ」と言われたこともあったという。悩んでいた折にある医師から「医療や福祉にはあなたのようなハンデを抱えている人間が必要だ」と言われたことから医学研究所の事務官として働くことになった。その後、医学系の大学に入り直し医学博士となる。
  • 現在は自身の経験を生かし、外見上のハンディを抱える当事者の支援活動をしている。また、精力的に講演も行っており、これまでに訪れた学校は2000を超える。