藤原乙叡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原乙叡
時代 奈良時代 - 平安時代初期
生誕 天平宝字5年(761年
死没 大同3年6月3日808年6月30日
官位 従三位中納言
主君 桓武天皇平城天皇
氏族 藤原南家豊成
父母 父:藤原継縄
母:百済王理伯娘・明信
兄弟 真葛乙叡
久須褒女・元子
貞雄、道麿、雄俊、宗我麿、坂田麿、
平子、叡子
テンプレートを表示

藤原 乙叡(ふじわら の たかとし)は、奈良時代から平安時代初期にかけての公卿藤原南家右大臣藤原継縄の次男。官位従三位中納言

経歴[編集]

内舎人兵部少丞を経て、延暦3年(784年従五位下侍従に叙任される。延暦4年(785年権少納言に任ぜられると、延暦5年(786年正五位下・少納言に叙任されるなど、藤原南家の嫡流であったことに加え、母・百済王明信桓武天皇の寵姫となったために、延暦年間前半は桓武天皇の身近に仕え急速に昇進する。

のち、中衛少将兵部大輔右兵衛督といった武官を歴任し、延暦10年(791年従四位下に叙せられる。延暦12年(793年左京大夫に遷り、翌延暦13年(794年平安京への遷都が行われると34歳にして参議に任ぜられ、父・継縄と共に親子で公卿に列した。またこの頃、桓武天皇が乙叡の邸宅に行幸を行っている[1]

桓武朝後半も、右衛士督・中衛大将・兵部卿など主に武官を兼帯する一方、延暦16年(797年)従四位上、延暦18年(799年正四位下、延暦19年(800年従三位と昇進する。延暦22年(803年権中納言

延暦25年(806年平城天皇の即位後まもなく中納言に昇進する。しかし、翌大同2年(807年)に発生した伊予親王の変に連座して解官された。これは、天皇が皇太子であった頃の宴席で、乙叡は近くに座り酒を吐くという無礼を働いたことがあり、天皇がこれを恨んでいたことが原因とされる。乙叡は赦されて自邸に戻ったのち自らの罪がないことを知り、これを憂いたまま死去したという[2]。大同3年(808年)6月3日薨去。享年48。最終官位は散位従三位。

人物[編集]

性格は頑なで驕り高ぶるところがあった。また妾を好み、山水の妙地に多数の別荘を建て、女性を伴って連夜宿泊することもあったという[2]

官歴[編集]

注記のないものは『六国史』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本後紀』延暦11年2月29日条,延暦12年8月26日条
  2. ^ a b 日本後紀』大同3年6月3日条
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『公卿補任』
  4. ^ 『日本紀略』

出典[編集]