藤原俊蔭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原俊蔭
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
別名 後蔭
官位 従四位下備前権守[1]
主君 宇多天皇醍醐天皇
氏族 藤原北家末茂
父母 父:藤原有穂、母:安部興武娘
兄弟 俊蔭、俊代、俊胤、俊房、俊方、俊平、俊連、俊風、俊保、俊輔、俊信
清平、清風、望平、女子
テンプレートを表示

藤原 俊蔭(ふじわら の としかげ)は、平安時代前期の貴族歌人。名は後蔭とも表記される[2]藤原北家末茂流、中納言藤原有穂の次男。官位従四位下備前権守

経歴[編集]

寛平7年(895年大蔵大丞に任ぜられる。寛平9年(897年宇多天皇六位蔵人となり、天皇の譲位後も引き続き新帝となった醍醐天皇の六位蔵人を務めた。左近衛将監を経て、延喜2年(902年従五位下叙爵し、越中介に任ぜられた。

延喜3年12月(904年1月)左馬助に任ぜられた後、延喜7年(907年左兵衛佐、延喜10年(910年)左近衛少将と武官を歴任し、延喜11年(911年)従五位上に昇叙される。延喜11年(911年)に宇多上皇の主催で亭子院で開かれた酒合戦に酒豪として招聘され参加。[3]

延喜12年(912年五位蔵人。延喜17年(917年正五位下に昇叙され、延喜19年(919年)従四位下・備前権守に叙任され、地方官に転じている。

勅撰歌人として、『古今和歌集』『後撰和歌集』に1首ずつ和歌作品が入集している[1]

官歴[編集]

※以下、註釈がないものは『古今和歌集目録』の記載に従う。

系譜[編集]

  • 父:藤原有穂
  • 母:安倍興武の娘
  • 妻:不詳
    • 男子:藤原清平
    • 男子:藤原清風
    • 男子:藤原望平
    • 女子:

脚注[編集]

  1. ^ a b 『勅撰作者部類』
  2. ^ 尊卑分脈』末茂流など
  3. ^ 藤原明衡撰『本朝文粋』中の紀長谷雄「亭子院賜飲記」
  4. ^ ユリウス暦では898年1月9日
  5. ^ ユリウス暦は904年1月16日
  6. ^ 『蔵人補任』