藤原公則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原公則
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位下(または従四位上)、備後守
主君 藤原道長
氏族 藤原北家利仁流→文徳源氏
父母 父:藤原伊伝、養父:源章経
兄弟 公則、斎藤為延、斎藤則光、源兼宣
公員、兼則、忠念
養子:則経
テンプレートを表示

藤原 公則(ふじわら の きんのり)は、平安時代後期の貴族藤原北家利仁流、民部少輔・藤原伊伝の子。官位は従四位下(または従四位上)、備後守

経歴[編集]

藤原道長家司を務め「近習」と呼ばれた[1]。一方で信濃国河内国尾張国伊勢国の国司等地方官を歴任。信濃守在任時の長和2年(1013年)には、道長の外孫である敦成親王(後の後一条天皇)と敦良親王(後の後朱雀天皇)にそれぞれ馬を献上している[2]。また、関戸院[3]の預ともなっており、治安3年(1023年)には高野山参詣から帰途に着く際の道長を同院において饗応している[4]

そのほか、長久元年(1040年)には乱立する荘園に憂い、それを阻止すべく荘園の停止を朝廷に訴えるといった活動を行っている。これを契機として、同年「長久の荘園整理令」を皮切りに数度に亘り荘園整理令が発令された。

河内守・源章経の養子となって源姓を称したといわれる。子息のうち公貞の系統が河内坂戸[5]を地盤として河内源氏に臣従し坂戸源氏と呼ばれたほか、則経の系統は利仁流の大族である後藤氏となった。

系譜[編集]

  • 父:藤原伊伝
  • 母:不詳
  • 養父:源章経 - 源兼宣の子
  • 生母不明の子女
    • 男子:藤原公員(または公貞)
    • 男子:藤原兼則
    • 男子:忠念(坂戸禅師)
    • 養子:藤原則経 - 実は藤原惟忠の子

脚注[編集]

  1. ^ 小右記』『御堂関白記』。
  2. ^ 『御堂関白記』。
  3. ^ 山城国摂津国の国境にあった離宮。
  4. ^ 扶桑略記』。
  5. ^ 現在の大阪府柏原市付近。

出典[編集]