藤原公成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原公成
時代 平安時代中期
生誕 長保元年(999年
死没 長久4年6月24日1043年8月1日
改名 犬君(幼名)→公成
別名 滋野井別当
官位 従二位権中納言
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇後朱雀天皇
氏族 藤原北家閑院流
父母 父:藤原実成、母:藤原陳政の女
養父:藤原公季
兄弟 公成、祉子、源顕基
藤原定佐の女
藤原知光の女
小式部内侍
実季、慶信、頼仁、茂子
特記
事項
白河天皇の外祖父
テンプレートを表示

藤原 公成(ふじわら の きんなり)は、平安時代中期の公卿藤原北家閑院流の流れをつくる。中納言藤原実成長男従二位参議権中納言滋野井別当と号す。

生涯[編集]

幼名は犬君。幼くして祖父である太政大臣藤原公季養子となり、その溺愛を受ける。公季は公の行事にあたっても常に公成を同道し、また皇太子敦良親王(後の後朱雀天皇)に対しても痛切に公成の引き立てを懇願したという。その様子は親王から些か滑稽に思われる程だったと伝えられる(『大鏡』)。

寛弘8年(1011年侍従長和2年(1013年右少将寛仁元年(1017年右中将、同4年(1021年蔵人頭治安元年(1021年)備前守、治安3年(1023年左中将万寿3年(1026年)に参議を歴任。公成自身の最高位は従二位権中納言であったが、娘の茂子が大納言藤原能信の養女として後三条天皇の妃となり白河天皇を産んだことを契機に多くの国母を輩出し、後世において閑院流は大いに繁栄した。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 藤原北家山陰流出身
  2. ^ 尊卑分脈』による。『栄花物語』では頼忍とする。

関連項目[編集]