藤原好親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原好親
時代 平安時代中期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 井手少将入道
官位 従四位下右近衛少将
主君 一条天皇三条天皇
氏族 藤原北家中関白家
父母 父:藤原道隆、母:橘清子
兄弟 道頼頼親伊周定子隆家原子隆円、頼子、御匣殿周家周頼藤原妍子女房、好親平重義
喜源
テンプレートを表示

藤原 好親(ふじわら の よしちか)は、平安時代中期の貴族藤原北家摂政関白内大臣藤原道隆の子。官位従四位下右近衛少将

経歴[編集]

長徳元年(995年)の父・道隆薨去や翌長徳2年(996年)の長徳の変を通じて中関白家が没落した後に世に出ており、寛弘5年(1008年)以前に左兵衛佐、寛弘6年(1009年右近衛少将と武官を歴任した。

寛弘8年(1011年三条天皇の即位に際して、褰帳の女官を務めた功労により母・橘清子正三位に叙せられたが、当初清子は子息の好親に叙位を譲る旨申し立てていたところ勅許が下りず、結局自らが叙位されることになった[1]。また、長和2年(1013年)三条天皇の石清水行幸に際して、御綱の末を奉仕すべきところ当日姿を現さず、左兵衛佐・藤原良経が代役を務めたという[2]

寛仁元年(1017年)まで右近衛少将を務めるが、その後出家したらしく、井手少将入道と号した[3]

官歴[編集]

系譜[編集]

注記のないものは『尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『権記』寛弘8年12月18日条
  2. ^ 『御堂関白記』長和2年11月28日条
  3. ^ 『尊卑分脈』
  4. ^ 『御堂関白記』
  5. ^ a b 『近衛府補任』

出典[編集]