藤原季方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 季方(ふじわら の すえかた、生年不詳 - 天仁2年2月16日1109年3月19日))は平安時代後期の武将藤原秀郷流。

概要[編集]

剛の座[編集]

父は河内源氏源頼義の郎党で、前九年の役の際に安倍貞任、安倍重任、藤原経清の首を京に送った藤原季俊。季方は頼義の三男である新羅三郎源義光に仕えるが、後には滝口武者にもなった。後三年の役の際には主人である義光と共に清原武衡家衡と闘う義光の兄八幡太郎源義家の援軍として陸奥国に赴く。

寛治元年(1087年)、義家と共に金沢柵で武衡・家衡と戦った際、義家の発案で剛の座・臆の座(剛臆の座)が設けられるが、季方は常に活躍し、剛の座にすわりつづけた(奥州後三年記)。その戦いの際、武衡が降伏しようとして義光に連絡を入れてきた。そして義光自ら金沢柵内に交渉しに入ろうとしたが義家に止められ、代わりに郎党である季方が使者として柵に入ることとなった。しかし、義家が和睦を拒否して戦いは継続し、金沢柵は陥落。武衡・家衡は脱出に失敗して捕縛され、斬首された。

その後、季方は主人である義光の兄、賀茂次郎源義綱の三男源義明の乳母夫となる。

源義忠暗殺事件[編集]

天仁2年(1109年)、季方は義光から義明の刀を持ってくるように言われ、密かに義明の刀を義光に渡した。その直後の2月3日 河内源氏の棟梁であり、源義家の四男である源義忠が何者かに襲われ、2日後に亡くなるという事件(源義忠暗殺事件)が発生した。その際、義忠の暗殺現場に義明の刀が残されていたので、朝廷は犯人は義綱・義明親子が源氏の棟梁の座を義忠から奪おうとし、季方に襲撃を行わせたと断定した。その為、義綱はこれに怒り、嫡男源義弘をはじめとする5人の息子達もこれに怒り、抗議の意を込めて父子そろって義光の所領である近江国甲賀郡の甲賀山(鹿深山)へ立て籠もるという行動をとった。しかし、義明は病の為に皆と行動を共にできず、季方の館に籠ることとした。

白河院は棟梁を継いだばかりの義忠の甥源為義(父は義家の長男源義親)に義綱父子を追討するように命じ、義光も為義の後援を行った結果、義綱は最終的に投降したが立て籠っていた5人の息子達は全員自害した。

季方は自らの屋敷に籠る義明と共に屋敷の守りを固めるが、白河院の命を受けた美濃源氏検非違使判官の源重時が攻め寄せてきた。重時は実はこの事件の発生当初、最初に義忠暗殺犯として逮捕された源重実の弟である。義明・季方軍は重時軍に二百余人の死傷者を出させるほどの奮戦をしたが最後は二人とも自害して果てた。

季方はかつての主人であり、義忠暗殺事件の真犯人である義光によっていいように利用され、最終的には滅ぼされてしまったのである。

参考文献[編集]