藤原守義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原守義
時代 平安時代前期-中期
生誕 寛平8年(896年
死没 天延2年2月4日974年2月28日
官位 従四位上参議
主君 醍醐天皇朱雀天皇村上天皇冷泉天皇円融天皇
氏族 藤原北家魚名流
父母 父:藤原公利、母:安倍氏主の娘
平好風の娘
永頼、為昭、庶正、貴子藤原為輔
テンプレートを表示

藤原 守義(ふじわら の もりよし)は、平安時代前期から中期にかけての公卿藤原北家魚名流、中納言藤原山蔭の孫で、但馬守・藤原公利の三男。官位従四位上参議

経歴[編集]

延長2年(924年文章生、延長6年(928年越前権大掾、延長8年(930年蔵人、延長9年(931年式部少丞次いで承平3年(933年)転大丞を経て、承平6年(936年従五位下和泉守叙爵

天慶4年(941年)従五位上・阿波伊予守天暦2年(948年正五位下越前丹波守、天暦5年(951年従四位下、そして応和3年(963年)従四位上と地方官の功等で順調に昇進。引き続き翌年伊予守、安和3年(970年播磨守国司を務め、天禄3年11月(973年1月)遂に参議となり公卿に昇りつめる。

天禄4年(973年宮内卿に任ぜられるが翌年卒去享年79。父・公利は従四位下に終わり公卿昇進は薄かったが、地方官の功で昇叙。赫々たる地方官と認識され、六国の守を務める。長命のかいもあり、77歳にして公卿に列した。

また、娘は権中納言藤原為輔に嫁ぎ宣孝らの生母となったため、大弐三位の高祖父にあたる。

官歴[編集]

  • 延長2年(924年)12月:文章生(字会山。明望山雪)[1]
  • 延長6年(928年)正月19日:越前権大掾[1]
  • 延長8年(930年)正月:蔵人[1]
  • 延長9年(931年)3月13日:民部少丞(先朝蔵人)[1]
  • 承平3年(933年)正月13日:民部大丞[1]
  • 承平6年(936年)正月7日:従五位下[1] 29日:和泉守[1]
  • 天慶4年(941年)正月7日:従五位上(治国)[1] 3月29日:阿波守[1] 12月1日:伊予守[1]
  • 天暦2年(948年)正月7日:正五位下(治国)[1] 11日:越前守[1]
  • 天暦5年(951年)正月8日:従四位下(越前任中率分其勤。先年止加階。今年又叙之)[1]
  • 天暦10年(956年)正月27日:丹波守[1]
  • 応和3年(963年)正月7日:従四位上(丹波功。治国)[1]
  • 応和4年(964年)正月27日:伊予守[1]
  • 安和3年(970年)正月15日:播磨守[1]
  • 天禄3年11月27日(973年1月4日):参議[1]
  • 天禄4年(973年)3月20日:宮内卿[1]
  • 天延2年(974年)正月29日:出家[1] 

系譜[編集]

  • 父:藤原公利
  • 母:安倍氏主の娘
  • 妻:平好風の娘
    • 男子:藤原永頼
    • 男子:藤原為昭
  • 妻:不詳
    • 男子:藤原庶正
    • 女子:藤原為輔
    • 女子:藤原貴子 - 典侍

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 公卿補任