藤原尹文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原尹文
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位上播磨守
主君 醍醐天皇
氏族 藤原南家貞嗣
父母 父:藤原道明、母:丹治比蔭光娘
兄弟 尹衡、尹文、尹甫、慶円?、尹忠、尹風、尹瞻、尹生、藤原元方室、源英明室、
藤原安親室、源国基室、藤原文貞室、
藤原安于室
橘良殖娘・恵子、藤原定方
永保、永年、永頼、永平、永令、慶円?、藤原斉敏
テンプレートを表示

藤原 尹文(ふじわら の まさふみ/ただふみ/まさむね)は、平安時代前期から中期にかけての貴族藤原南家貞嗣流、大納言藤原道明の子。官位従四位上播磨守

経歴[編集]

兵庫助六位蔵人を経て、延喜18年(918年縫殿助に任ぜられる。延喜21年(921年)には左衛門少尉を務め、延喜22年(922年従五位下摂津守に叙任される。その後、伊賀守・播磨守と地方官を歴任し、位階従四位上に至った。

娘は参議藤原斉敏の室となり、実資ら三人の生母となっている。また、院政期に権力を振るった藤原通憲(信西)は尹文の昆孫(6代後)である。

官歴[編集]

  • 延喜18年(918年)2月29日:縫殿助に任ぜらる[1]
    • これ以前に、兵庫助・六位蔵人を務む[1]
  • 延喜21年(921年)正月30日:左衛門少尉に任ぜらる[1]
  • 延喜22年(922年)正月7日:従五位下に叙せらる[1]。蔵人・縫殿助如元。正月29日:摂津守に任ぜらる[1]
  • 時期不詳:伊賀守に任ぜらる[2]
  • 時期不詳:播磨守に任ぜらる[2]
  • 時期不詳:従四位上に叙せらる[2]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『大日本史料』。
  2. ^ a b c 尊卑分脈貞嗣卿流。
  3. ^ a b 永年と永平は同人という説もある。
  4. ^ 尹文の父・道明、あるいは尾張守・藤原連実の子という説もある。