藤原師信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原師信
時代 平安時代中期-後期
生誕 長久2年(1041年
死没 寛治8年正月10日1094年1月28日
官位 正四位下播磨守
主君 後三条天皇白河天皇堀河天皇
氏族 藤原北家道隆流
父母 父:藤原経輔、母:藤原資業の娘
兄弟 師家長房、師基、師信家平増誉、文時、
藤原頼宗の娘、藤原良綱の娘
増守の娘
公衡、基信、経忠、春円
テンプレートを表示

藤原 師信(ふじわら の もろのぶ)は、平安時代中期から後期にかけての貴族権大納言藤原経輔の四男。官位正四位下播磨守

経歴[編集]

寛治2年(1088年行幸によって勧賞されて正四位下に叙され[1]同年、丹後守に任ぜられる[2]。寛治3年(1089年内蔵頭として賀茂臨時祭の記事に名がある[3]。寛治5年(1091年播磨守を兼ねる。寛治6年(1092年)公卿議の間、東方に赤雲が有った際、師信が夢想があったと告げている[4]。寛治7年(1093年殿上人となり、同年2月に郁芳門院院別当に任ぜられる[5]。その後、正四位上に昇り、修理権大夫を務める。

寛治8年(1094年)正月10日に飲水病により卒去[6][7]享年54。最終官位は正四位上行修理権大夫播磨守。

媞子内親王の院別当を務めた際、『執行万事』と評されている[7]

系譜[編集]

師信自身は正四位上に留まり公卿に昇っていないが、子の経忠や孫の忠能を始め、多くの公卿が出ている。また、坊門家羽林家水無瀬家、さらに支流として七条家町尻家桜井家山井家など、多くの堂上家を輩出した。

脚注[編集]

  1. ^ 中右記』寛治2年正月19日条
  2. ^ 後二条師通記』寛治2年11月25日条
  3. ^ 『中右記』寛治3年11月25日条
  4. ^ 『中右記』寛治6年8月21日条
  5. ^ 『中右記』寛治7年2月10日条
  6. ^ a b 尊卑分脈』道隆流
  7. ^ a b 『中右記』寛治8年正月10日条
  8. ^ 藤原北家真夏流出身
  9. ^ 菅原道真の七代孫
  10. ^ 公卿補任
  11. ^ 後冷泉天皇の落胤で高階為家の養子の為行の生母でもある。