藤原師尹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原師尹
時代 平安時代中期
生誕 延喜20年6月2日920年7月24日
死没 安和2年10月15日969年12月1日
別名 小一条左大臣
官位 正二位左大臣
主君 村上天皇冷泉天皇
氏族 藤原北家小一条流
父母 父:藤原忠平、母:源能有娘・昭子
兄弟 実頼貴子保明親王妃)、
寛子重明親王妃)、師輔師保
師氏師尹、藤原諸房室
養兄弟:忠君(藤原師輔子)
正室:藤原定方九女
定時済時定昭
芳子村上天皇女御)
テンプレートを表示

藤原 師尹(ふじわら の もろただ)は、平安時代中期の公卿摂政関白太政大臣藤原忠平の五男。官位正二位左大臣。小一条流の祖。

経歴[編集]

天慶9年(946年参議となる。同年備前守に補任。天暦2年(948年権中納言。天暦5年(951年)中納言。

娘・芳子村上天皇に入内させ、天徳2年(958年女御の宣下を受ける。芳子は容貌優れて天皇の寵愛が深く昌平親王と永平親王を産むが、いずれも病弱であったため東宮にはなれなかった。

天徳4年(960年権大納言康保3年(966年)大納言。康保4年(967年)村上天皇の崩御に伴い冷泉天皇が即位すると、関白太政大臣に長兄・実頼左大臣源高明右大臣には師尹が就いた。師尹は実頼と謀って、妃が高明の娘である年長の為平親王を外して、守平親王を東宮に立てた。

安和2年(969年)3月、為平親王を奉じて乱を起こそうとしているとの謀反の密告により左大臣源高明が失脚した(安和の変)。師尹は高明に代わって左大臣に昇るが、その半年後の同年10月に発音障害を伴う病により薨御した[1]

安和の変は高明の失脚を謀った師尹の企みであったとされ、左大臣昇任後一年もたたずに薨御した事について、世間では高明の恨みによる物と噂された[2]

人物[編集]

他人への対応について親疎や好悪により非常に区別を付け、いかにも癖のある取り扱いをした[3]。また「極メテ腹悪キ人」[4]との記述が今昔物語集に見られる[5]。 故実に反する事があった際には天皇に対してでも反論をし退出も厭わない等強硬な態度をとり[6]、また業務を怠った国司への加階を定める際に一人「科のある者に処罰もせずに賞を与えるとはどういうことか」と主張する[7]等、異母兄・実頼と似た生真面目で頑固な面も見られる。

日記に『小一条記』があるが現在は散逸し、『西宮記』等に引用されている逸文が確認できるのみである。

勅撰歌人として『後撰和歌集』に3首が採録されている[8]

官位歴[編集]

以下、公卿補任に拠る。

  • 承平2年11月17日(932年12月17日) 従五位下。(今日元服。臨時叙之)。
  • 承平5年
  • 承平7年
    • 正月7日(937年2月19日) 従五位上。
    • 3月8日(937年4月21日) 左兵衛佐
  • 天慶4年
  • 天慶5年
    • 3月28日(942年4月16日) 右中弁。左兵衛佐如元。
    • 4月25日(942年6月11日) 従四位下
    • 4月27日(942年6月13日) 如元昇殿。
  • 天慶7年
  • 天慶8年
  • 天慶9年
    • 3月7日(946年4月11日) 兼備前守。参議如元。
    • 11月19日(946年12月15日) 従四位上。(大嘗会日)。
  • 天暦元年6月6日(947年6月26日) 兼左兵衛督。参議守如元。
  • 天暦2年
  • 天暦3年
    • 8月14日(949年9月9日) 服解。
    • 12月2日(949年12月24日) 復任。
  • 天暦4年7月13日(950年8月28日) 兼春宮大夫。参議督如元。
  • 天暦5年正月30日(951年3月10日) 轉中納言。大夫督如元。
  • 天暦7年9月25日(953年11月4日) 兼左衛門督。為検非違使別当。中納言大夫如元。
  • 天暦10年正月7日(956年2月21日) 正三位
  • 天暦11年
    • 2月(957年-月-日) 辞督別当。中納言大夫如元。
    • 4月25日(957年5月27日) 兼右近衛大将。中納言大夫如元。
  • 天徳4年8月22日(960年9月15日) 任権大納言。右大将大夫如元。
  • 応和3年正月28日(963年2月24日) 兼按察使。権大納言右大将大夫如元。
  • 康保3年
    • 正月7日(966年1月31日) 従二位
    • 9月17日(966年11月2日) 轉大納言。右大将大夫按察使如元。
  • 康保4年
    • 9月1日(967年10月6日) 兼皇太弟傳。(立坊日)。
    • 10月11日(967円11月15日) 正二位
    • 12月13日(968年1月15日) 任右大臣。右大将傳如元。輦車。為蔵人所別当。
    • 12月29日(968年1月31日) 上表。不許。
  • 康保5年正月5日(968年2月6日) 上表。(第三度)。
  • 安和2年
    • 3月26日(969年4月15日) 轉左大臣兼左大将。傳如元。
    • 8月13日(969年9月27日) 辞大将兼傳。左大臣如元。
    • 10月14日(969年11月26日) 薨御。
    • 10月30日[9] 贈正一位

系譜[編集]

子孫に小一条家、その庶流に飛騨国国司家の姉小路家がある。

脚注[編集]

  1. ^ 「声ノ失ル病」『源平盛衰記』
  2. ^ 大鏡』第二巻,左大臣師尹
  3. ^ 栄花物語』巻第一月の宴
  4. ^ 非常に短気である。
  5. ^ 今昔物語集』巻19 第9話 依小児破硯侍出家語 第九
  6. ^ 西宮記』御卯杖
  7. ^ 北山抄 』巻十・加階事
  8. ^ 『勅撰作者部類』
  9. ^ この年の10月は29日までで、30日は存在しない。11月1日は969年12月12日。

出典[編集]

竹鼻績「藤原師尹論」『山梨県立女子短期大学紀要 27 』山梨県立女子短期大学、1994年

官職
先代:
源高明
左大臣
969
次代:
藤原在衡
先代:
源高明
右大臣
968 - 969
次代:
藤原在衡
先代:
源高明
陸奥出羽按察使
963 - 968
次代:
藤原師氏
先代:
源高明
左近衛大将
969
次代:
藤原伊尹
先代:
藤原顕忠
右近衛大将
957 - 969
次代:
藤原伊尹
先代:
源高明
左衛門督
953 - 957
次代:
藤原師氏
先代:
源庶明
左兵衛督
947 - 953
次代:
源庶明