藤原忠宗 (藤原式家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原忠宗
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下備前介
主君 文徳天皇清和天皇
氏族 藤原式家
父母 父:藤原緒嗣
兄弟 家緒春津本雄忠宗、正子、
藤原常嗣
テンプレートを表示

藤原 忠宗(ふじわら の ただむね)は、平安時代初期から前期にかけての貴族藤原式家左大臣藤原緒嗣の子。官位従五位下備前介

経歴[編集]

文徳朝の斉衡2年(855年従五位下叙爵し、天安元年(857年大監物に任ぜられる。翌天安2年(858年)5月に中務少輔に任ぜられ、同年清和天皇践祚後の9月に侍従に転任する等、文徳朝から清和朝初頭にかけて京官を歴任する。

その後、貞観4年(862年)侍従から阿波介に転じると、貞観6年(864年備前介と地方官を務めた。

官歴[編集]

六国史』による。

出典[編集]