藤原恭大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤原 恭大
千葉ロッテマリーンズ #2
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府豊中市
生年月日 (2000-05-06) 2000年5月6日(19歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
初出場 2019年3月29日
年俸 1,500万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤原 恭大(ふじわら きょうた、2000年5月6日 - )は、大阪府豊中市出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

豊中市立原田小学校1年生の時に「園和北フレンズ」で野球を始めた[1]豊中市立第五中学校時代は「オール枚方ボーイズ」に所属し、小園海斗と共に全国優勝を経験[1]。中学卒業後、大阪桐蔭高等学校に進学し、3年時には4番打者として甲子園春夏連覇の原動力となった[2]。秋の高校日本代表にも2年連続で選出され、主砲として活躍した[1]

2018年のドラフト会議では、東北楽天ゴールデンイーグルス阪神タイガース千葉ロッテマリーンズの3球団から1位指名を受け、抽選の結果千葉ロッテが交渉権を獲得した。

プロ入り後[編集]

2019年は春季キャンプから一軍に帯同し、練習試合やオープン戦など対外試合計30試合すべてに出場[3]。開幕一軍入りを果たし、開幕戦の東北楽天ゴールデンイーグルス戦に「1番・中堅」で先発出場する。球団の高卒新人では榎本喜八山崎裕之に次いで54年ぶり3人目[4]、高卒新人の「1番」での出場に限れば、近鉄バファローズ飯田幸夫に次いで史上2人目となる[5]。試合では第4打席に遊撃内野安打を放ち、史上6人目となる高卒新人の開幕先発出場での安打を記録した[6]

選手としての特徴[編集]

走攻守の三拍子揃った外野手。高校通算32本塁打を放った長打力に加え、50m走5.7秒の俊足を持つ[7]。遠投110メートル[8]

詳細情報[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 2 (2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]