藤原敏男 対 西城正三戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤原敏男 対 西城正三
夢の対決・第二弾
開催日 1973年3月29日
認定王座
開催地 東京
会場 後楽園ホール
放送局 東京12チャンネル
実況・解説 大沢昇(解説)
視聴率 2200人

藤原敏男 対 西城正三
シンデレラボーイ
比較データ
25 年齢 26
岩手県宮古市 出身地 埼玉県北足立郡鳩ヶ谷町
戦績 15勝(13KO)1分け
AJKFライト級王者 評価 元ボクシング世界フェザー級王者

結果 3回TKO(タオル投入)
主審 遠山甲

藤原敏男 対 西城正三戦(ふじわらとしお たい さいじょうしょうぞうせん)は、1973年3月29日に東京後楽園ホールで行われたキックボクシングの試合である[1]。ボクシング引退後、キックに転向した元プロボクシング世界フェザー級チャンピオンの西城正三と、全日本キックボクシング連盟ライト級王者の藤原敏男が対決した。

「夢の対決」として同年3月1日に行われたボクシング元東洋バンタム級チャンピオン金沢和良とキックボクシングの島三雄の試合[2]と同時に行われる予定であったが、この試合のみ延期されて「夢の対決・第二弾」と銘打たれ、29日に開催された。

試合はダウンやグロッキーもないまま、西城のセコンドを務めていた実兄の西城正右が、3回にタオルを投入するという不透明な決着であった。この事態に観客は騒然となり、抗議の意味でリングに物が投げ込まれ、解説の大沢昇も西城側の対応に非難の声をあげた。

脚注[編集]