藤原敦基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原敦基
時代 平安時代後期
生誕 永承元年(1046年
死没 嘉承元年7月16日[1]1106年8月16日
官位 正四位下上野介
主君 白河天皇堀河天皇
氏族 藤原式家
父母 父:藤原明衡、母:平実重娘
兄弟 敦基敦光明暹
養兄弟:明業(菅原明任子)
中原季成娘
令明、茂明、敦兼、実信、周光、心覚、源義国
養子:敦光(実弟)
テンプレートを表示

藤原 敦基(ふじわら の あつもと)は、平安時代後期の貴族漢詩人藤原式家文章博士藤原明衡の子。官位正四位下上野介

経歴[編集]

白河天皇皇太子時代よりその傍に仕え、また藤原師実家司をも務める。文章得業生から、蔵人等を経た後、寛治2年(1088年)には文章博士に任ぜられる。父と同様に学識に秀で、特に漢詩の才をもっては当代随一であり、凡そ文に属する者で敦基の弟子でない者はない、とまで謳われた。著作として『国史後抄』『柱下類林』があり、また作品が『本朝続文粋』『本朝無題詩』等に収められている。

同時代の源義家と文武の双璧と称され、互いに交流も持った。娘は義家の子・義国に嫁いでいる[2]

官歴[編集]

系譜[編集]

  • 父:藤原明衡
  • 母:平実重の娘
  • 妻:中原季成の娘
  • 生母不明
    • 男子:藤原敦兼
    • 男子:藤原実信
    • 男子:藤原周光
    • 男子:心覚
    • 女子:源義国
    • 養子:藤原敦光(1062-1144) - 実は敦基の同母弟

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『中右記』嘉承元年7月16日条
  2. ^ 義国の子義重上野源氏 / 新田氏の祖)はこの敦基女の所生である。

出典[編集]