藤原春継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原春継
時代 平安時代初期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従五位上常陸介
主君 嵯峨天皇淳和天皇
氏族 藤原南家巨勢麻呂流
父母 父:藤原黒麻呂、母:縣犬養氏
兄弟 虎王、春継、虎取、諸勝
坂上盛の娘
良尚広基、真宗
テンプレートを表示

藤原 春継(ふじわら の はるつぐ)は平安時代初期の貴族藤原南家右中弁藤原黒麻呂の子。官位従五位上常陸介

経歴[編集]

弘仁14年(823年淳和天皇即位に伴って従六位上から三階昇進して従五位下叙爵天長4年(827年)には従五位上に叙される。また、時期は明らかでないが中務大輔常陸介を務めた。

官歴[編集]

注記のないものは『日本後紀』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『尊卑分脈』
  2. ^ 『日本三代実録』元慶元年3月10日条