藤原書店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
藤原書店
正式名称 株式会社 藤原書店
現況 事業継続中
種類 株式会社
出版者記号 938661,89434,86578
取次コード 7572
法人番号 9011101019283 ウィキデータを編集
設立日 1989年11月
本社郵便番号 〒162-0041
本社所在地 東京都新宿区早稲田鶴巻町523
外部リンク http://www.fujiwara-shoten.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社藤原書店(ふじわらしょてん)は、日本出版社。主に歴史学経済学社会学女性学など、社会科学全般の専門書や教養書の出版を行っている。所在地は東京都新宿区早稲田鶴巻町523番地。

概要[編集]

1989年11月、『新評論』の編集者であった藤原良雄により、新宿区市谷柳町にて設立。翌1990年3月より出版事業を開始。1999年6月、早稲田鶴巻町の現事務所へ移転。

1991年から1995年にかけて、フェルナン・ブローデル『地中海』(全5巻)を出版。創業まもなくであったにもかかわらず、研究者の間で長らく翻訳が待望されながら果たされていなかった出版を成し遂げ、出版界・読書界で大きな反響を呼んだ。

藤原良雄は「後藤新平の会[1]」「野間宏の会[2]」の幹事に名を連ねている。また、河上肇の業績を称える「東京河上会[3]」の幹事でもあり、藤原書店では2005年から河上肇賞を主催していたが、2021年の募集をもって最終回となった[4]

2007年鶴見祐輔著・一海知義校訂『〈決定版〉正伝 後藤新平』(全8分冊)を完結し、毎日出版文化賞を受賞。

2018年アカデミー・フランセーズから文学顕揚賞を受賞した[5]2020年時点で社員10人、「少部数、高価格」を戦略としている[5]

主な発行物[編集]

雑誌[編集]

  • 学芸総合誌・季刊『環』(かん)[6]
    2000年4月創刊。「新しい時代に向けてトータルな知の総合を企図する学芸総合誌」と銘打ち、「歴史・環境・文明」のサブタイトルを冠する。判型は菊大判、平均320ページ。本体価格2,200円~3,960円。
    2015年5月、Vol.61をもって第1期終刊。 以降は不定期刊で、別冊『環』として刊行継続、2019年5月に第25号『日本ネシア論』が刊行された。
  • PR誌『機』

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 後藤新平の会のご案内” (日本語). 藤原書店オフィシャルサイト (2018年11月19日). 2020年3月21日閲覧。
  2. ^ 野間宏の会のご案内” (日本語). 藤原書店オフィシャルサイト (2018年11月19日). 2020年3月21日閲覧。
  3. ^ 東京河上会のご案内” (日本語). 藤原書店オフィシャルサイト (2018年11月19日). 2020年3月21日閲覧。
  4. ^ 河上肇賞” (日本語) (2019年12月9日). 2020年3月21日閲覧。
  5. ^ a b 小泉信一「時空を超えて言論を育む」『朝日新聞』2020年3月21日付「be on Saturday」、1面
  6. ^ 学芸総合誌・季刊『環』 藤原書店オフィシャルサイト

関連項目[編集]