寂念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
寂念/藤原為業
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
改名 為業→寂念
別名 通称:伊賀入道
官位 従五位上皇后宮大進
主君 崇徳天皇近衛天皇藤原呈子)→後白河天皇
氏族 藤原北家長良
父母 父:藤原為忠
母:橘大夫娘(待賢門院女房)
兄弟 為盛、寂念為経頼業、兼豪、忠宴、昌忠、藤原光房室、藤原俊成室、
平忠盛室?
為賢、業盛、経業、雅業、寛忠、範玄二条院三河内侍
テンプレートを表示

寂念(じゃくねん)は、平安時代後期の貴族歌人。俗名は藤原 為業(ふじわら の ためなり)。藤原北家長良流、丹後守藤原為忠の次男。官位従五位上皇后宮大進。通称は伊賀入道

経歴[編集]

永久元年(1113年)頃の生まれとされる。六位蔵人伊豆守伊賀守を歴任後、仁平元年(1141年)には近衛天皇の中宮(後に皇后)藤原呈子に仕えて中宮権大進・皇后宮大進に至った。

保元3年(1158年)頃に出家し大原に隠棲する。法名を寂念と称し、同じく出家した兄弟の寂超寂然と共に大原三寂・常盤三寂と呼ばれた。

若い頃より父が主催する歌合に度々参加し、九条兼実藤原重家源俊恵源頼政平忠度等とも親交が厚く、各地の歌合にも招かれている。寿永元年(1182年)に作られた『一品経和歌懐紙』の作者とされ、死去したのはそれ以後とされている。なお、子・範玄が季御読経を重喪を理由に辞退したとする記事が『玉葉』文治3年3月22日条にあり、これを範玄の親すなわち寂念の死による喪とする説もある[1]

弟2人よりも後世の評価は低いとされるものの、当時を代表する歌人として知られ、『千載和歌集』以下の勅撰和歌集に6首が入集。落ち着きのある歌風で知られた。

系譜[編集]

  • 父:藤原為忠
  • 母:橘大夫(橘俊宗?)の娘 - 待賢門院女房
  • 不詳(生母不明の子女)
    • 男子:藤原為賢
    • 男子:藤原業盛
    • 男子:藤原経業
    • 男子:藤原雅業
    • 男子:寛忠
    • 男子:範玄(1137-1199)
    • 女子:二条院三河内侍(?-?)

脚注[編集]

  1. ^ 『後白河院時代歌人伝の研究』314頁

出典[編集]

  • 中村文『後白河院時代歌人伝の研究』(笠間書院、2005年 ISBN 4-305-70296-7)