藤原登任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原登任
時代 平安時代中期
生誕 永延元年(987年
死没 不明
官位 従四位下大和守
主君 三条天皇後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇
氏族 藤原南家巨勢麻呂
父母 父:藤原師長、母:播磨守光孝娘
周防守憲忠または平兼忠娘、
四条宮官女二条殿
長宗、長明、任尊、実覚
テンプレートを表示

藤原 登任(ふじわら の なりとう)は、平安時代中期の貴族藤原南家巨勢麻呂流、常陸守・藤原師長の子。官位従四位下大和守

経歴[編集]

長和2年(1013年六位蔵人、のち主殿頭出雲守などを歴任する。また、『栄花物語』において、藤原教通室となっていた藤原公任の娘が出産にあたって、しばしば登任の三条の邸宅に移っていたとの記載があり[1]、公任に家人として仕えていたとも考えられる。

永承5年(1050年)に陸奥守として下向。翌永承6年(1051年)に安倍氏衣川の柵を越え勢力圏を拡大しようとしたため、陸奥守であった登任は、秋田城介・平繁茂(繁成/重衛)らと安倍氏を討伐しようするが、逆に鬼切部で大敗を喫し更迭された。この事件が「前九年の役」の発端となる。当時の状況は後任の源頼義による上奏文に、「東夷蜂起シ郡県ヲ領シ以ッテ夷地トナシ、人民ヲ駆使シ蛮虜トナシ六カ郡中、国務ニ従ガワズ、皇威ヲ忘ルルガ如シ」とある。

康平2年(1059年)3月29日出家。

系譜[編集]

  • 父:藤原師長
  • 母:播磨守光孝(姓不明)の娘
  • 妻:周防守憲忠の娘(又は平兼忠の娘)
  • 妻:四条宮官女二条殿
    • 男子:任尊
  • 生母不明の子女
    • 男子:実覚

脚注[編集]

  1. ^ 『栄花物語』巻第12 たまのむらぎく、巻第21 後くゐの大将

出典[編集]

  • 『新編 日本古典文学全集 32 栄花物語 2』小学館、1995年

関連項目[編集]