藤原福当麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原福当麻呂
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下肥前守
主君 嵯峨天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原内麻呂
母:坂上苅田麻呂次女・登子
兄弟 真夏冬嗣、秋継、桜麻呂、福当麻呂長岡、率、愛発大津、収、
平○○、恵須子、緒夏、紀有常
諸数世数、数長、数守、依作、貞数、賀登子
テンプレートを表示

藤原 福当麻呂(ふじわら の ふたきまろ/ふたぎまろ)は、平安時代初期の貴族藤原北家右大臣藤原内麻呂の五男。官位従五位下肥前守

経歴[編集]

大同5年(810年)正月に従六位上から三階昇叙されて従五位下叙爵し、同年9月に発生した薬子の変に伴い右少弁に補任される。弘仁3年(812年典薬頭。弘仁4年(813年常陸介に転じると、翌弘仁5年(814年)に国守の菅野真道の薨去を受けて後任として常陸守に昇進、その後も時期は不明ながら肥前守を務める等、嵯峨朝中期は主に地方官を歴任した。

本人は従五位下にとどまるが、曾孫の扶幹公卿に昇っている。

官歴[編集]

日本後紀』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『尊卑分脈』

出典[編集]