藤原範忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原範忠
時代 平安時代末期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従五位上内匠頭
氏族 藤原南家
父母 父:藤原季範、母:源行遠の娘
兄弟 範忠、範信 、範雅、範綱、範智、長暹、祐範、千秋尼、大進局由良御前源義朝室)、源師経室
美福門院女房上総
忠季、清季、範高、能季、寛伝、任暁、足利義康
テンプレートを表示

藤原 範忠(ふじわら の のりただ)は、平安時代末期の公家神官藤原南家熱田大宮司藤原季範の長男。官位従五位上[1]内匠頭源頼朝の外叔父

生涯[編集]

熱田大宮司季範の長男として生まれながら、大宮司職は季範の存命中に、弟の範雅に譲られた[2]。しかし、父が死去した久寿2年(1155年)に、範雅に代わって範忠は大宮司に就任する[2]。このあたりの事情は父との不和があったことが推測されている[3]

官位については、久安5年(1149年)に縫殿助文章生所から正六位上兵部少丞に昇進、仁平3年(1153年)に、義兄弟の源義朝とともに従五位下に叙せられ、応保元年(1161年)に左近衛将監内匠頭と進んでいる。政治的には妻に美福門院女房上総を迎え、外孫の足利義兼美福門院の皇女・八条院蔵人になっていることから、美福門院に接近していたものと推測される。

また、源義朝の正室・由良御前は範忠の姉妹であり、当初政治的にも近い関係にあったと思われる。実際に保元の乱においては、範忠は外戚として義朝に兵を差し出している。しかし、平治元年(1159年)の平治の乱においては義朝には援軍を出さず、逆に戦後駿河国に潜伏していた義朝の五男希義(母は由良御前)を捕らえて朝廷に差し出すという行動をとっている。

その後も後白河院近臣として仕える[4] が、後白河院と二条天皇との対立が深まる中で、応保元年(1161年)に天皇を呪詛したとの罪状で解官・逮捕され、翌年周防国配流された。この時点で大宮司職は再び範雅の手に渡るが、嘉応2年(1170年)頃には赦免された範忠が再度その地位に復帰している。なお、同職はその後も二転三転し、治承2年(1178年)には平時子の命で範忠の孫の忠兼に継承されるが、治承5年(1181年)には範雅が三度返り咲いている[2]

範忠の一女は祖父・季範の養女として足利義康に嫁ぎ、義兼・義房[5] らを産んでいる。この縁もあり、子孫の多くは足利氏と行動をともにしている。

系譜[編集]

  • 父:藤原季範
  • 母:源行遠の娘
  • 妻:美福門院女房上総
    • 男子:藤原忠季
    • 男子:藤原清季
    • 男子:藤原範高(または範雅の子)
    • 男子:藤原能季
    • 男子:寛伝(滝山寺住職)
    • 男子:任暁
    • 女子:足利義康室 (藤原季範の養女)

脚注[編集]

  1. ^ 『真光院本藤原氏系図』。『尊卑分脈』では従四位上。
  2. ^ a b c 『熱田大宮司千秋家譜』
  3. ^ 藤田元啓『中世熱田社の構造と展開』
  4. ^ 時期は不明であるが、『尊卑分脈』の記述によれば後白河院の上北面を勤めていたという。
  5. ^ ただし義房は源季邦(義康弟)と同人物という説もある。

参考文献[編集]

  • 藤本元啓『中世熱田社の構造と展開』続群書類従完成会、2003年

関連項目[編集]