藤原経任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原経任
時代 平安時代中期
生誕 長保2年(1000年
死没 治暦2年2月16日1066年3月14日[1]
別名 白髪大納言
官位 正二位権大納言
主君 三条天皇後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇
氏族 藤原北家小野宮流九条流
父母 父:藤原懐平、母:藤原佐理の娘
養父:藤原斉信
兄弟 経通資平経任、資頼、資高、源行任室
養兄弟:永慶良斉源頼清
源宗家室藤原長家源定宗室
公信斉長
源朝任の娘
養子:経忠公房
テンプレートを表示

藤原 経任(ふじわら の つねとう)は、平安時代中期の公卿藤原北家小野宮流権中納言藤原懐平の三男。官位正二位権大納言九条流、大納言・藤原斉信の養子。

経歴[編集]

長和元年(1012年)、太皇太后藤原遵子の御給により従五位下叙爵右衛門佐左近衛権少将を経て寛仁4年(1020年従四位下に叙せられる。権左中弁に転じたのち、長元3年(1030年後一条天皇蔵人頭に任ぜられる。長元8年(1035年参議、翌長元9年(1036年)には従三位に叙任される。

永承3年(1048年)権中納言、天喜2年(1054年)正二位、治暦元年(1065年)には権大納言に至る。

人物[編集]

斉信の養子であったが、その政敵とも言える叔父の右大臣実資とも親密であり、内裏と実資との間をしばしば行き来して巷説を実資に伝えた一方、実資の方も牛を与えたり、病に伏せた経任に対して見舞いの使者を立て調伏の鬼気祭りをさせたりと、何かと経任の面倒を見たという[2]

日記に『権大夫記』(『経任大納言記』)がある。

官歴[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一代要記』『尊卑分脉
  2. ^ 『小右記』
  3. ^ 『蔵人補任』