藤原経季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原経季
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 寛弘7年(1010年
死没 応徳3年(1086年)8月
別名 正字:經季
官位 正二位中納言
主君 後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇後三条天皇白河天皇
氏族 藤原北家小野宮流
父母 父:藤原経通、母:源高雅の娘
兄弟 源経仲経季経平顕家、藤原範輔室
藤原能通の娘、藤原邦恒の娘(姉)
藤原邦恒の娘(妹)、藤原定頼の娘、
源行任の娘
通家、季仲、季実、兼平、雅経、増覚、真覚
テンプレートを表示

藤原 経季(ふじわら の つねすえ)は、平安時代中期から後期にかけての公卿藤原北家小野宮流権中納言藤原経通の次男。官位正二位中納言

経歴[編集]

万寿4年(1027年従五位下美作権守に叙任。長元2年(1029年右兵衛佐次いで左近衛少将に任ぜられ、長元3年(1030年)従五位上・伊予介となる。

長元4年(1031年五位蔵人に補任される。長元6年(1033年正五位下、長元8年(1035年従四位下に叙せられ、長元9年(1036年播磨権介を兼ねる。長暦2年(1038年)従四位上に昇叙。長久2年(1041年)にはさらに正四位下に進み、周防権守近江権介を兼任。長久3年(1042年)左近衛権中将に任ぜられ、寛徳2年(1045年蔵人頭に補任された。翌寛徳3年(1046年修理権大夫を務める。

永承2年(1047年参議に任ぜられて公卿に列す。同年従三位に昇叙。その後、永承3年(1048年)美作権守、天喜元年(1053年備中権守備前権守、天喜6年(1058年)再び備中権守、康平6年(1063年備後権守と地方官を兼帯し、康平3年(1060年)には右兵衛督と武官も兼ねた。康平5年(1062年正三位に叙せられ、治暦3年(1067年)左兵衛督に転ずると、治暦4年(1068年権中納言に任ぜられた。治暦5年(1069年従二位延久3年(1071年)には正二位に至った。

承保3年(1076年治部卿を兼ねる。承暦4年(1080年)には中納言に転じるが、永保2年(1082年)に辞職、出家した。応徳3年(1086年)8月、77歳で薨去。藤原資房から散々に批判されるなど政治的能力に乏しく、権中納言任官も年労であった。

官歴[編集]

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 万寿4年(1027年)正月5日:従五位下に叙す(春宮御給)。3月16日:美作権守に任ず。
  • 長元2年(1029年)正月24日:右兵衛佐に任ず。3月11日:左近衛少将に任ず。
  • 長元3年(1030年)正月5日:従五位上に叙す(少将労)。正月26日:伊予介を兼ぬ。
  • 長元4年(1031年)3月28日[1]:五位蔵人に補す。
  • 長元6年(1033年)正月5日:正五位下に叙す。
  • 長元8年(1035年)正月5日:従四位下に叙す(少将)。正月9日:還昇。
  • 長元9年(1036年)正月29日:播磨権介を兼ぬ。
  • 長暦2年(1038年)正月5日:従四位上に叙す(上東門院御給)。
  • 長久2年(1041年
    • 正月23日:周防権守を兼ぬ。
    • 3月27日:近江権介を兼ぬ。
    • 8月27日:正四位下に叙す(父経通卿譲。大野原松尾行幸行事賞)。
  • 長久3年(1042年)正月29日:左近衛権中将に任ず。
  • 寛徳2年(1045年)10月26日:蔵人頭に補す。
  • 寛徳3年(1046年)正月23日:修理権大夫を兼ぬ。
  • 永承2年(1047年)8月1日:参議に任ず。大夫中将如元。11月13日:従三位に叙す。
  • 永承3年(1048年)正月23日:美作権守を兼ぬ。
  • 永承6年(1051年)8月16日:服解(父卿)。11月5日:復任。
  • 天喜元年(1053年)正月27日:備中権守を兼ぬ。11月28日:備前権守を兼ぬ。
  • 天喜6年(1058年)正月30日:備中権守を兼ぬ。
  • 康平3年(1060年)12月16日:右兵衛督を兼ぬ。
  • 康平5年(1062年)7月13日:正三位に叙す(石清水賀茂行幸行事賞)。
  • 康平6年(1063年)2月16日:備後権守を兼ぬ。
  • 治暦3年(1067年)2月6日:左兵衛督に転ず。
  • 治暦4年(1068年)12月29日:権中納言に任ず(年労)。
  • 治暦5年(1069年)12月17日:従二位に叙す。
  • 延久3年(1071年)10月29日:正二位に叙す。
  • 承保3年(1076年)12月5日:治部卿を兼ぬ。
  • 承暦4年(1080年)8月14日:中納言に転ず。治部卿如元。
  • 永保2年(1082年)正月21日:辞職。6月1日:出家。

系譜[編集]

  • 父:藤原経通
  • 母:源高雅の娘
  • 妻:藤原能通の娘
    • 男子:藤原通家(?-1077)
  • 妻:藤原邦恒の娘(姉)
  • 妻:藤原邦恒の娘(妹)
    • 男子:藤原季実
  • 妻:藤原定頼の娘
  • 妻:源行任の娘(郁芳門院但馬)
    • 男子:藤原雅経
  • 生母不明の子女
    • 男子:増覚
    • 男子:真覚

脚注[編集]

  1. ^ 公卿補任』の註によれば2月17日ともいう。『蔵人補任』は2月17日とする。

出典[編集]

  • 『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年