藤原良世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原良世
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 弘仁14年[1]823年
死没 昌泰3年11月18日900年12月12日
別名 致仕大臣
官位 従二位左大臣従一位
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇光孝天皇宇多天皇醍醐天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原冬嗣、母:大庭王の娘
兄弟 長良良房良方良輔順子良相良門良仁良世、古子
船副使麻呂の娘、紀勢子?
佐命、時佐、有佐、清真、邦基、公忠、恒佐、意住子
テンプレートを表示

藤原 良世(ふじわら の よしよ)は、平安時代初期から前期にかけての公卿藤原北家左大臣藤原冬嗣の八男。官位従二位左大臣従一位致仕大臣と号した。

経歴[編集]

承和8年(841年内舎人に任官、仁明朝では左馬権少/大允右兵衛大尉を歴任する。

嘉祥3年(850年文徳天皇の即位に伴い蔵人に任ぜられ、右衛門少尉次いで同大尉を兼ね、翌仁寿元年(851年)に従五位下叙爵。こののち、文徳朝では兵衛佐・衛門佐を歴任する。兄・良房太政大臣に任ぜられた斉衡4年(857年)に従五位上に叙せられると、天安2年(858年清和天皇の即位に前後して正五位下右近衛少将貞観2年(860年従四位下、貞観6年(864年)従四位上・蔵人頭、貞観10年(868年正四位下と以降は順調に昇進し、貞観12年(870年参議に任ぜられ公卿に列した。またこの間の貞観2年(860年)には姉で皇太后順子大夫に任ぜられている。

文徳朝から清和朝中期の良世が五位から公卿に昇進するまでの官人としての立身時期は、丁度、兄・良房が権勢を得ていた時期と重なっており、これと争う事なく従った事で、順調な昇進を果たしている。これは文徳天皇の側近として蔵人・右近衛中将を歴任し、次期皇位継承を巡って良房と天皇の対立が緊迫化した天安元年(857年)に突如越前権守に左遷されて中央政界から排除された異母兄・良仁(冬嗣七男)とは対照的である[2]。また、請田正幸は『公卿補任』の良房に関する記述形式や、良世が『興福寺縁起』において良房が両親の為に始めた興福寺の長講会が自分が引き継がなければならないと述べている事を根拠に、良房と良世は同母兄弟(大庭王の娘の所生)とする説を唱えている[3]。請田説によれば、良世は清和天皇に近い外戚の1人という事になる。

貞観14年(872年)兄・良房が薨去するが、同年従三位中納言、貞観19年(877年正三位元慶6年(882年大納言寛平3年(891年右大臣、寛平5年(893年従二位と、清和・陽成光孝宇多朝にかけても順調に昇進を続けた。寛平7年(895年左大臣源融の薨去により太政官の首班を占め、翌寛平8年(896年)には左大臣に任ぜられるが、同年致仕し致仕大臣と呼ばれた。

醍醐朝の昌泰3年(900年)長く皇太后宮大夫・太皇太后宮大夫として仕えた太皇太后藤原明子の崩御に遅れること約半年の11月18日薨御[1]。没後従一位贈位を受けた。

一説に藤氏長者の初代にも擬せられ、長者として『興福寺縁起』を撰した事でも知られる。

官歴[編集]

注記のないものは『六国史』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原冬嗣
  • 母:大庭王の娘[5]
  • 妻:船副使麻呂の娘
  • 妻:紀豊春の娘(勢子?)
  • 生母不詳の子女
    • 長男:藤原佐命
    • 二男:藤原時佐
    • 三男:藤原有佐
    • 四男:藤原清真
    • 六男:藤原公忠
    • 八男:藤原恒風
    • 女子:藤原意住子(大原野神齊)[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 没年齢については、78歳説(『公卿補任』・『尊卑分脈』他)、77歳説(『日本紀略』・『皇代暦』)、79歳説(『扶桑略記』)等がある。
  2. ^ 栗原[2008: 159-164]
  3. ^ 請田[2014: 47-53]
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『公卿補任』
  5. ^ 請田正幸は、尚侍を務め、天長10年11月に正二位に叙せられた(『続日本後紀』)継子女王であると推定する(請田[2014: 52-53])
  6. ^ 『日本三代実録』貞観17年11月4日条

出典[編集]

  • 栗原弘「藤原冬嗣家族について」(初出:『阪南論集 人文・自然科学編』第27巻4号、所収:栗原『平安前期の家族と親族』(校倉書房、2008年) ISBN 978-4-7517-3940-2 第二部第二章)
  • 請田正幸「良房の母」(続日本紀研究会編『続日本紀と古代社会』(塙書房、2014年) ISBN 978-4-8273-1271-3)
  • 武田祐吉佐藤謙三訳『読み下し 日本三代実録』(上下巻)、戎光祥出版、2009年
  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年