藤原良仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原良仁
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 弘仁10年(819年
死没 貞観2年8月5日860年8月24日
官位 従四位下中宮大夫
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原冬嗣、母:島田村作の娘
兄弟 長良良房良方良輔順子良相良門良仁良世、古子
藤原浜主の娘
有実、恒実、義実
テンプレートを表示

藤原 良仁(ふじわら の よしひと)は、平安時代初期から前期にかけての貴族藤原北家左大臣藤原冬嗣の七男。官位従四位下中宮大夫

経歴[編集]

仁明朝承和10年(843年)請われて春宮蔵人となり、のち主蔵正春宮大進皇太子・道康親王に仕えて、承和13年(846年)に従五位下叙爵する。嘉祥2年(849年)従五位上・春宮亮に昇進する。

嘉祥3年(850年)春宮大進・亮として仕えた道康親王の即位文徳天皇)に伴い、二階昇進して正五位上中宮亮右兵衛権佐に叙任される。天皇の側近として蔵人頭右近衛中将を務めた他、右馬頭木工頭大舎人頭左京大夫等を歴任し、またこの間の仁寿4年(854年)には従四位下に叙されている。しかし、次期皇位継承に関連して天皇と兄で太政大臣良房との対立が緊迫化した天安元年(857年)9月に越前権守左遷される。翌天安2年(858年)2月兵部大輔として京官に復すが、同年8月の文徳天皇崩御に際しては葬儀陵墓造営の官職には任ぜられなかった。11月に清和天皇が即位すると、国母として皇太夫人となった藤原明子(良房の娘)に中宮大夫として仕えている。

母の服喪中の貞観2年(860年)8月5日病気により卒去。享年42。最終官位は中宮大夫従四位下。

人物[編集]

容姿が美しく、風神のように颯爽としており、服装も美しく非常に鮮やかな装いをしていた。人柄は淡雅かつ高潔で、仏教への信仰心も厚かった。若くして大学寮に学び、読書に耽った。馬が唯一の趣味で、公事を終えて退朝の後は馬を愛玩していたという。また、孝心厚く、母の死の際には哀啼哭泣し血を吐いて気絶し、しばらくして蘇ったが、悲慟があまりに強くて病んでしまい、服喪中に没したという。[1]

官歴[編集]

注記のないものは『六国史』に基づく。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本三代実録』貞観2年8月5日条
  2. ^ 『蔵人補任』

出典[編集]