藤原資仲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原資仲
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 治安元年(1021年
死没 寛治元年11月12日1087年12月14日
別名 帥入道
官位 正二位権中納言
主君 後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇後三条天皇白河天皇堀河天皇
氏族 藤原北家小野宮流
父母 父:藤原資平、母:藤原知章の娘
兄弟 資房資仲
養兄弟:義綱
源経頼の娘
顕実、行仲、顕仲、仲通、静明、慶源、静経、相豪、静命、藤原兼実室
テンプレートを表示

藤原 資仲(ふじわら の すけなか)は、平安時代中期から後期にかけての公卿歌人漢詩人藤原北家小野宮流大納言藤原資平の二男。官位正二位権中納言

経歴[編集]

長元6年(1033年従五位下讃岐権守に叙任。長元9年(1036年侍従右近衛少将に任ぜられ、長元10年(1037年)従五位上・備中権介に叙任。

長暦4年(1040年正五位下右少弁に叙任される。長久2年12月(1042年1月)には左少弁に転じ、長久5年(1044年後朱雀天皇五位蔵人に補任される。永承2年(1047年)には後冷泉天皇五位蔵人に補され、造興福寺長官に任官。永承3年(1048年従四位下に叙せられ、右中弁に任ぜられた。永承4年(1049年)従四位上に昇叙。

永承5年(1050年)権左中弁に転任。永承6年(1051年播磨介、永承7年(1052年春宮権亮を兼ね、天喜5年(1057年正四位下近江権介に叙任される。天喜6年(1058年)左中弁に転じ、康平3年(1060年美作権介を兼ねた。康平5年(1062年修理大夫

治暦4年(1068年蔵人頭に補任される。同年参議に任ぜられ、治暦5年(1069年)には従三位右兵衛督に叙任。検非違使別当となり、正三位に昇叙。延久2年(1070年)には播磨権守を兼ね、従二位に叙せられた。

延久4年(1072年)左兵衛督・春宮権大夫を兼帯し、権中納言に任ぜられる。延久5年(1073年)正二位・右衛門督に叙任され、承保2年(1075年)左衛門督に転じた。承暦4年(1080年大宰権帥に転任。応徳元年(1084年)に出家し、帥入道と呼ばれた。寛治元年(1087年)薨去。享年67。

人物[編集]

永承4年(1049年)の内裏歌合などに出詠するなど、歌人として活躍。『後拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に入集している。また、康資王母・伊賀少将周防内侍らの交流が知られる。家集に『後拾遺集』があるが散逸。

漢詩にも秀で、『中右記部類紙背漢詩集』に漢詩が残っている。また、有職故実に詳しく、故実書『青陽抄』・『節会抄』を著したと伝わるが、現存しない。

官歴[編集]

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 長元6年(1033年
    • 正月5日:従五位下に叙す(章子内親王給)。
    • 10月:讃岐権守に任ず。
  • 長元9年(1036年
    • 2月27日:侍従に任ず。
    • 12月8日:右近衛少将に任ず。
  • 長元10年(1037年
    • 正月5日:従五位上に叙す(少將)。
    • 正月23日:備中権介を兼ぬ。
  • 長暦4年(1040年
    • 正月5日:正五位下に叙す(少將)。
    • 正月25日:右少弁に遷る。
  • 長久2年12月9日(1042年1月3日):左少弁に転ず。
  • 長久3年(1042年)2月16日:氏院別当に補す。
  • 長久5年(1044年)正月11日:五位蔵人に補す。
  • 寛徳2年(1045年)正月16日:蔵人を止む(譲位)。
  • 永承2年(1047年
    • 正月13日:五位蔵人に補す。
    • 正月22日:造興福寺長官と為す。
  • 永承3年(1048年
    • 3月2日:従四位下に叙す(興福寺供養賞)。左少将如元。
    • 12月7日(1049年1月13日):右中弁に転ず。
  • 永承4年(1049年)正月5日:従四位上に叙す(先朝行幸平野北野社行幸賞)。
  • 永承5年(1050年)9月17日:権左中弁に転ず。
  • 永承6年(1051年)正月27日:播磨介を兼ぬ。
  • 永承7年(1052年)2月26日:春宮権亮を兼ぬ。
  • 天喜5年(1057年
    • 正月5日:正四位下に叙す(造宮行事)。
    • 2月30日:近江権介を兼ぬ。
  • 天喜6年(1058年)4月25日:左中弁に転ず。
  • 康平3年(1060年)2月20日:美作権介を兼ぬ。
  • 康平5年(1062年
    • 3月:造興福寺長官と為す。
    • 3月12日:修理大夫に転ず。亮如元。
  • 治暦4年(1068年
    • 3月5日:復任(父喪)。時に修理大夫。
    • 4月19日:春宮権亮を止む。
    • 8月12日:蔵人頭に補す。
    • 12月29日(1069年1月24日):参議に任ず。大夫如元。
  • 治暦5年(1069年)/延久元年
    • 正月5日:従三位に叙す(先坊権亮)。
    • 正月27日:右兵衛督を兼ぬ。
    • 2月26日:修理大夫を兼ぬ。
    • 5月17日:検非違使別當に補す。
    • 8月16日:正三位に叙す(行幸院司賞)。
  • 延久2年(1070年
    • 正月29日:播磨権守を兼ぬ。
    • 4月:修理大夫を辞す。
    • 12月26日(1071年1月29日):従二位に叙す(供養円明寺陽明門院院司賞)。
  • 延久4年(1072年
    • 7月24日:左兵衛督を兼ぬ。
    • 12月2日(1073年1月12日):権中納言に任ず。
    • 12月8日(1073年1月18日):春宮権大夫を兼ぬ。
  • 延久5年(1073年
    • 2月:別當を辞す。
    • 4月17日:右衛門督を兼ぬ。
    • 4月30日:正二位に叙す(行幸院司賞)。
  • 承保2年(1075年)正月28日:左衛門督を兼ぬ。
  • 承暦3年(1079年)正月27日:左衛門督を辞す。
  • 承暦4年(1080年)正月27日:罷職。大宰権帥に任ず。
  • 応徳元年(1084年)4月:出家。
  • 寛治元年(1087年)11月17日:薨去。

系譜[編集]

  • 父:藤原資平
  • 母:藤原知章の娘
  • 妻:源経頼の娘
    • 男子:藤原顕実(1049-1110)
    • 男子:藤原顕仲(1060-1129)
  • 妻:家女房
    • 男子:藤原仲通
    • 男子:静明
    • 男子:慶源
    • 男子:静経(?-1152)
  • 生母不明の子女
    • 男子:藤原行仲
    • 男子:相豪
    • 男子:静命
    • 男子:藤原兼実室(?-1104)

脚注[編集]

出典[編集]