藤原邦基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤原邦基
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 貞観17年(875年
死没 承平2年3月8日(932年4月16日
別名 字:左藤生
官位 従三位中納言
主君 宇多天皇醍醐天皇朱雀天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原良世、母:船副使麻呂の娘
兄弟 佐命、時佐、有佐、清真、邦基、公忠、恒佐、意住子
清時、清理
テンプレートを表示

藤原 邦基(ふじわら の くにもと)は、平安時代前期から中期にかけての公卿藤原北家左大臣藤原良世の五男。官位従三位中納言

経歴[編集]

寛平5年(893年)文章生に補せられ、宇多朝では弾正少忠兵部少丞を務める。

醍醐天皇即位した翌年の昌泰元年(898年)弟の恒佐に2年遅れて従五位下叙爵。醍醐朝前半は能登権守因幡守武蔵守等主に地方官を歴任し、延喜7年(907年)正月に従五位上に叙される。延喜12年(912年)左少弁に任ぜられると、延喜13年(913年)右中弁、延喜14年(914年正五位下、延喜16年(916年)左中弁、延喜17年(917年従四位下と、醍醐朝中期からは一転して弁官を歴任しながら順調に昇進を果たした。延喜21年(921年参議に任じられ、恒佐に6年遅れて公卿に列す。議政官として左右大弁や皇太子・寛明親王(後の朱雀天皇)の春宮大夫等を兼帯している。

延長8年(930年)朱雀天皇の即位に伴って、前春宮大夫の功労により従三位中納言に叙任され、ついに弟・恒佐に官位面で肩を並べた。しかし、承平2年(932年)正月に恒佐は正三位に叙せられて再び位階で差をつけられると、邦基は同年3月8日薨去享年58。最終官位は中納言従三位。

官歴[編集]

公卿補任』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 延喜15年,16年など『公卿補任』の諸本に異同あり。

出典[編集]

  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年