藤和不動産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

藤和不動産株式会社(とうわふどうさん)は、東京都中央区に本社を置いていた不動産会社。支店は名古屋・大阪・広島にあった。2008年マンション供給戸数ランキングは、全国第4位(3,353戸)、首都圏第4位(1,946戸)、近畿圏第1位(957戸)。2009年三菱地所の100%子会社となり、2011年に三菱地所および三菱地所リアルエステートサービスの住宅分譲事業を承継し、三菱地所レジデンス株式会社に社名変更した。

目次

沿革

等価交換

  • 日本で初めて分譲マンションの等価交換(SDシステム:スペースディベロップメント)事業を行った。
  • 都市機構分譲住宅の建替え事業も行っている。第1号は小滝台マンション(1957年中野区)で、1987年に実施。容積率に余裕があったため、等価交換による建替えが可能になった。

定期借地権

債権放棄

  • 銀行から債務の株式化300億円を除くと計2回で4900億円もの巨額の債権放棄を受けている。
  • これは同じゾンビ企業の中でも大京の4000億円、長谷工の3000億円をも上回る額である。

三菱地所による救済

  • 2008年9月のリーマンショック以降、鋼材高、原油高、マンション不況の三重苦により会社更生法適用の危機に直面していた。
  • 2009年5月に三菱地所が100%子会社化した(発表は同年2月)ことにより会社更生法適用が回避され、事実上救済された。
  • 2011年1月に三菱地所、三菱地所リアルエステートサービスの住宅事業部門と統合されて新会社となるため、「藤和不動産」の名前は消滅する。

関連人物

関連項目

なお、東京都西東京市に本社がある不動産会社の藤和ハウスは無関係。

今日は何の日(8月25日

もっと見る

「藤和不動産」のQ&A