藤堂高矗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤堂高矗
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 明和8年1月11日1771年2月25日
死没 寛政2年9月2日1790年10月9日
改名 柔次郎(幼名)、高矗、眉山・甘谷(法号)
戒名 顕徳院殿体達性空大居士
官位 従五位下、佐渡
幕府 江戸幕府
伊勢国久居藩
氏族 藤堂氏
父母 父:藤堂高璞、
養父:藤堂高周藤堂高衡
正室:なし
実子:なし、養子:高兌

藤堂 高矗(とうどう たかなお)は、伊勢久居藩の第11代藩主。久居藩藤堂家11代。久居陣屋の主。

生涯[編集]

明和8年(1771年)1月11日、本家の伊勢津藩の家臣・藤堂高璞(称真院)の子として生まれる(生年は明和2年(1765年)とも)。藤堂出雲家の第7代当主・藤堂高周の養子となり(高矗は藤堂出雲家の第6代当主・藤堂高文の孫である)、天明元年(1781年)に久居藩の第10代藩主・高衡が死去したためその家督を継いだ。

天明5年(1785年)12月18日に従五位下・佐渡守に叙位・任官する。藩政では凶作による藩財政難で倹約、経費節減に努めた。寛政2年(1790年)9月2日、久居で死去した。享年20。跡を津藩藤堂宗家から養子に迎えた高兌が継いだ。