藤堂高節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤堂 高節 (とうどう たかせつ、? - 明治20年(1887年4月10日)は、津藩名張藤堂家(藤堂宮内家)第11代。伊賀国名張1万5000石の領主。

幼名は八束。初名は長発。通称は宮内、九八郎。父は藤堂采女家第8代元晋。兄は采女家第9代元施。正室は藤堂長親の娘。子は藤堂高文、藤堂高碩、藤堂高成室郁子。養子は藤堂高成。

文久4年(1864年)8月、名張藤堂家の先代高美が養子入り後まもなくして病死したため、その養子となって、元治元年(1864年)12月、名張藤堂家を継いだ。明治に入って名前を長発から高節に改めた。以降、子孫は名張藤堂家の遠祖である丹羽家由来の通字の「」ではなく、藤堂家由来の「」の字を名乗っている。

明治9年(1876年)2月、子爵竹内惟則の子・憲丸(藤堂高成)を次女いくの婿養子とする。

明治20年(1887年)没。