藤堂高興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤堂高興
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦6年6月13日1756年7月19日
死没 安永6年3月12日1777年4月19日
改名 夏菊(幼名)、高行、高興
戒名 威徳院殿厳浄自凄大居士
墓所 三重県津市の寒松院
官位 従五位下弾正忠
伊勢国久居藩
氏族 藤堂氏
父母 父:藤堂高豊、母:小森氏
兄弟 高嶷高朶高悠高興
姉(加藤泰候正室)、姉(清水谷公美室)
養子:高衡

藤堂 高興(とうどう たかおき)は、伊勢久居藩の第9代藩主。久居藩藤堂家9代。久居陣屋の主。

生涯[編集]

宝暦6年(1756年)6月13日、伊勢津藩主・藤堂高豊の子として生まれる。初名は高行。安永4年(1775年)12月28日、兄で先代の藩主である高朶の養子となり、その隠居により跡を継いだ。桜田防火使に任じられる。藩政では藩士の生活改善に努めた。安永6年(1777年)3月12日、疱瘡のため22歳で死去した。未婚で実子がなく、一族から迎えた養嗣子の高衡が跡を継いだ。