藤堂高陳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
藤堂高陳
時代 江戸時代中期
生誕 元禄14年8月26日1701年9月28日
死没 享保17年6月14日1732年8月4日
改名 富之助・主水(幼名)、高陳
戒名 聖諦院殿郭然義空大居士
墓所 三重県津市久居二ノ町の玉施寺
官位 従五位下、主水正、佐渡備前
幕府 江戸幕府
主君 徳川家継吉宗
伊勢国久居藩
氏族 藤堂氏
父母 父:藤堂高堅、母:小林氏(春光院)
兄弟 辰、冬、高陳
婚約者:松平信庸の娘(婚儀前に没)
実子:なし、養子:高治

藤堂 高陳(とうどう たかのぶ)は、江戸時代中期の大名伊勢久居藩の第3代藩主。久居藩藤堂家3代。久居陣屋の主。

生涯[編集]

元禄14年(1701年)8月26日、第2代藩主・高堅の長男として久居で生まれる。正徳5年(1715年)、父の死去により跡を継ぎ、12月に従五位下、主水正に叙任する。享保元年(1716年)、享保4年(1719年)に江戸本所防火使となった。しかし享保6年(1721年)に江戸藩邸が焼失し、それによって藩財政難のために4ヵ年の倹約令を出している。享保3年(1718年)に佐渡守に転任する。

享保8年(1723年)9月13日、養嗣子の高治に家督を譲って隠居する。享保13年(1728年)、再び備前守に転任する。享保17年(1732年)6月14日、久居で死去した。享年32。