藤好昌生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじよし まさお
藤好 昌生
生年月日 1913年
没年月日 1995年
出生地 日本の旗 日本東京府
民族 日本人
職業 録音監督
ジャンル 映画
活動期間 1946年 - 1971年

藤好 昌生(ふじよし まさお、1913年 - 1995年)は、日本映画録音技師東京府出身。

経歴[編集]

1937年P.C.L.に入社。1943年に東宝教育資料製作所の録音課を経て1945年東宝撮影所録音課の録音技師として成瀬巳喜男監督作品を中心に活躍。

映画[編集]

公開年 作品名 制作(配給)
1946年 2月14日 陽気な女 東宝撮影所
東宝
6月13日 俺もお前も 東宝撮影所
吉本プロ
東宝
1947年 4月8日 今ひとたびの 東宝撮影所
東宝
11月2日 春のめざめ
1949年 7月11日 ジャコ萬と鉄 東宝撮影所
49年プロダクション
東宝
1950年 2月7日 銀座の踊子 宝映プロダクション
東宝
8月5日 歌姫都へ行く 東宝撮影所
三上プロダクション
東宝
1951年 1月11日 愛と憎しみの彼方へ 映画芸術協会
3月24日 熱砂の白蘭 第一協団
7月20日 せきれいの曲 東宝撮影所
東宝
9月28日 死の断崖
11月23日 めし
1952年 1月17日 青春会議
3月14日 息子の花嫁
7月8日 若い人
11月27日 港へ来た男
12月30日 あゝ青春に涙あり
1953年 9月15日 花の中の娘たち
10月7日 誘蛾燈
1954年 1月3日 この恋五千万円
3月3日 坊ちゃん社員
4月4日 続坊ちゃん社員
8月31日 君死に給うことなかれ
12月22日 兄さんの愛情 東京映画
東宝
1955年 5月3日 麦笛 東宝撮影所
東宝
6月7日 おえんさん
9月13日 夫婦善哉
11月8日 朝霧
1956年 1月14日 驟雨
4月4日 女房族は訴える
4月18日 夜間中学 日本大学芸術学部
5月3日 妻の心 東宝撮影所
東宝
7月5日 鬼火
9月11日 好人物の夫婦
10月9日 猫と庄造と二人のをんな 東京映画
東宝
12月26日 眠狂四郎無頼控 東宝撮影所
東宝
1957年 4月27日 雪国
8月27日 東北の神武たち
11月15日 女殺し油地獄
1958年 5月13日 杏っ子
9月2日 鰯雲
1959年 1月3日 社長太平記
3月29日 コタンの口笛
10月25日 悪魔の接吻
1960年 1月15日 女が階段を上る時
3月13日 黒い画集 あるサラリーマンの証言
5月21日 娘・妻・母
7月12日 夜の流れ
12月11日 ガス人間第一号
1961年 1月26日 出世コースに進路を取れ
5月30日 妻として女として
11月22日 猫と鰹節 ある詐話師の物語
1962年 3月21日 紅の空
8月11日 キングコング対ゴジラ
11月23日 河のほとりで
1963年 2月16日 素晴らしい悪女
5月22日 妻という名の女たち
11月16日 女の歴史
1964年 1月15日 乱れる
9月19日 女体
1965年 8月25日 香港の白い薔薇 東宝撮影所
台湾省電影製片廠
東宝
1966年 10月1日 あこがれ 東宝撮影所
東宝
1967年 11月18日 乱れ雲
1968年 10月5日 若者よ挑戦せよ
1969年 7月26日 緯度0大作戦 東宝撮影所
ドン・シャーププロ
東宝
1971年 2月20日 真剣勝負 東宝撮影所
東宝
7月24日 ゴジラ対ヘドラ

受賞歴[編集]

受賞年 受賞名
1951年 第6回 毎日映画コンクール 録音賞
1963年 第18回
1955年 第9回 日本映画技術賞

出典・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ P522より