藤川隆男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤川 隆男(ふじかわ たかお、1959年 - )は、日本の西洋史・オーストラリア史学者、大阪大学教授。

大阪市生まれ[1]1981年大阪大学文学部史学科卒。1986年オーストラリア国立大学史学科MA取得、1987年大阪大学文学研究科博士後期課程中退。1987年帝塚山大学講師、90年同助教授、1995年大阪大学文学部助教授、2004年同文学研究科教授[2]。オーストラリアを主な研究領域とする。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『オーストラリアの歴史 多文化社会の歴史の可能性を探る』編 有斐閣アルマ 2004年
  • 『空間のイギリス史』川北稔共編 山川出版社 2005年
  • 『白人とは何か? ホワイトネス・スタディーズ入門』編 刀水書房 2005年
  • 『アニメで読む世界史』編 山川出版社 2011年
  • 『アニメで読む世界史 2』後藤敦史共編 山川出版社 2015年

翻訳[編集]

  • ジョン・C.トーピー『パスポートの発明 監視・シティズンシップ・国家』監訳 法政大学出版局 2008年
  • ジョン・C.トーピー『歴史的賠償と「記憶」の解剖 ホロコースト・日系人強制収容・奴隷制・アパルトヘイト』酒井一臣,津田博司共訳 法政大学出版局 2013年

脚注[編集]

  1. ^ 『オーストラリア歴史の旅』著者紹介
  2. ^ 大阪大学