藤平尚真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
藤平 尚真
東北楽天ゴールデンイーグルス #19
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県富津市[1]
生年月日 (1998-09-21) 1998年9月21日(19歳)
身長
体重
185 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年6月16日
年俸 1,800万円(2018年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤平 尚真(ふじひら しょうま、1998年9月21日 - )は、千葉県富津市出身[1]プロ野球選手投手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

富津市立吉野小1年から野球を始める。小学5年のとき第25回全国小学生陸上競技交流大会千葉県選考会に出場しソフトボール投げで71m13cmの大会新記録で優勝する。千葉県代表として出場した全国大会では68m30cmで18位に終わる。小学6年のとき千葉ロッテマリーンズジュニアに選抜され、2010年のNPB12球団ジュニアトーナメントで優勝[3]富津市立大貫中学校では千葉市リトルシニアでプレイし[4]石原彪らと共にU-15日本代表の選抜された[3]

横浜高校へ進学後、1年春からベンチ入りし、1年秋からエースに。2年の夏の神奈川県大会では決勝まで進むも、この年全国制覇を成し遂げた小笠原慎之介吉田凌を擁する東海大相模高校に敗れた。2年秋は神奈川県大会を制し、関東大会に進むも、初戦の常総学院高校に敗れる。この悔しさをバネに[5]、3年の夏は再びエースとして、神奈川県大会を制し、第98回全国高等学校野球選手権大会出場に貢献[3]。初戦の東北高校戦では7回途中13奪三振1失点の好投[6]。2回戦の寺島成輝擁する履正社高校に敗れた[7]。甲子園通算、2試合13回20奪三振、防御率0.69。また、大会後U-18日本代表にも選ばれている[3]

2016年度プロ野球ドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスより単独1位指名を受け[3]、契約金1億円、年俸1500万円(金額は推定)で入団[8]背番号野村克也元監督の退任後空き番となっていた「19」に決定した[9]。入団会見では「チームの中心選手になれるよう気持ちをもってやりたいです」と抱負を述べた[10]

プロ入り後[編集]

2017年は開幕を二軍で迎える。6月16日に一軍に昇格し、その日の阪神タイガース戦で一軍デビューし、5回2失点で敗戦投手となった。8月22日の千葉ロッテマリーンズ戦では5回無失点でプロ初勝利を挙げ、この年の高卒新人では最初に勝利投手となった[11]

人物[編集]

中学3年のときには陸上走り高跳びジュニアオリンピックで優勝経験をもつ[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 楽天 8 8 0 0 0 3 4 0 0 .429 176 43.1 30 2 15 0 4 44 0 0 12 11 2.28 1.04
通算:1年 8 8 0 0 0 3 4 0 0 .429 176 43.1 30 2 15 0 4 44 0 0 12 11 2.28 1.04
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2017 楽天 8 2 5 1 1 .875
通算 8 2 5 1 1 .875
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初打席:2017年6月16日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、3回表に岩貞祐太から投前犠打

背番号[編集]

  • 19 (2017年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 中2のリトルシニア時に全国制覇/楽天藤平尚真略歴”. 日刊スポーツ (2017年8月22日). 2017年12月26日閲覧。
  2. ^ 楽天藤平300万増1800万円「1軍定着したい」”. 日刊スポーツ (2017年12月5日). 2017年12月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f “【楽天1位】横浜・藤平尚真、単独指名で交渉権獲得”. スポーツ報知. (2016年10月20日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20161020-OHT1T50180.html 2016年11月10日閲覧。 
  4. ^ 藤平尚真(横浜) 日刊スポーツ 2016年10月20日配信
  5. ^ 横浜夏切符!藤平粘投“弟分”増田2発援護/神奈川 日刊スポーツ 2016年8月1日配信
  6. ^ 横浜 対 東北
  7. ^ 横浜 対 履正社
  8. ^ 楽天ドラ1藤平が合意 背番号19はマー君超え意図 - 野球”. 日刊スポーツ (2016年11月8日). 2017年5月8日閲覧。
  9. ^ “楽天ドラ1藤平 背番号「19」 「いずれ」はマー背番「18」を”. スポニチアネックス. (2016年11月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/08/kiji/K20161108013684370.html 2016年11月10日閲覧。 
  10. ^ “楽天 藤平ら入団会見「チームの中心選手に」 地震で一時は会見中止も検討”. スポーツニッポン. (2016年11月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/22/kiji/K20161122013771160.html 2016年11月23日閲覧。 
  11. ^ 楽天・藤平 救世主プロ1勝 高卒新人一番星で連敗止めたスポニチ 2017年8月23日掲載

関連項目[編集]